ページの本文へ メインメニューへ フッターへ

  1. トップ>
  2. 病院概要 / 当院の役割

ページの本文です。

病院概要

当院の役割

最良の急性期専門医療を提供するために。
地域における医療の機能分化を進めています。

急性期病院とは、緊急・重症な状態にある患者さんに対し、高度で専門的な医療を24時間体制で提供する病院のことです。当院は地域における急性期病院としての役割を担うため、「断らない救急」をスローガンに救急・重症患者の受け入れ体制の充実を図ってきました。また「地域医療支援病院」の認定を受け、緊急対応や高度な精密検査が必要な患者さんなど、地域の医療機関からの紹介があれば迅速に対応できる体制を整えています。

当院の近隣エリアには、回復期リハビリテーション病院やかかりつけ医として日常的な診療や健康管理を行う診療所など、それぞれの特長を活かした医療機関があります。地域内での機能分化を進め、適切な場所で患者さんに最良の医療を受けていただけるよう、地域の医療機関との密な連携に取り組んでいます。

イメージ 地域における医療の機能分化

施設認定について

施設認定とは、手厚い救急医療の提供・高度ながん治療体制の整備・臨床研修医の受け入れおよび育成などにおいて、「地域の中核を担う病院」として、厚生労働大臣あるいは熊本県知事から認定されることです。近隣の医療機関や消防・教育機関などと密接に連携をとりながら、地域の患者さんに質の高い医療を提供しています。

臨床研修病院

当院は医師免許を取得した医師(研修医)が卒後2年間の臨床研修を行う場として、厚生労働大臣より認定されました。

地域医療支援病院

地域の医療機関と協力して患者さんを診療する「連携医療」に取り組み、機器の共同利用や院内研修の開放、地域の医療機関からの研修の受け入れなどを行ってきました。

地域がん診療連携拠点病院

当院は地域の中心的・指導的役割を担う、がん診療の拠点病院として位置づけられています。


ページの先頭へ