ページの本文へ メインメニューへ フッターへ

  1. トップ>
  2. がん治療 / 放射線治療

ページの本文です。

がん治療

  • 外来がんセンターの役割
  • 化学療法
  • 放射線治療
  • 緩和ケア
  • PET/CT
  • フロアマップ

放射線治療

放射線は、エネルギーの高い電磁波および粒子線です。X(エックス)線・α(アルファ)線・β(ベータ)線・γ(ガンマ)線・中性子線などがあります。放射線治療は、高エネルギーの放射線をがん細胞に直接照射し治療する療法です。現在の医療において、放射線を用いた治療は不可欠です。
当院では、トモセラピーとガンマナイフそして手術やカテーテル療法を使い分けることによって、最適な治療を患者さんに提供できる全国的にも数少ない医療施設のひとつです。

写真 放射線治療の様子

人体への負担を抑えた最先端の放射線治療

トモセラピー

トモセラピーは、副作用が少ない強度変調放射線治療(注1)が可能な治療機器です。従来よりも多量の放射線をがん細胞に照射でき、正常組織の放射線量を低減し副作用が抑えられます。

(注1)正常組織の被ばく線量をより低減するために考え出された方法が「強度変調放射線治療(IMRT)」です。腫瘍の形にそって放射線を当てたり、ひとつの照射野内で放射線の強弱を調節することで正常組織へのダメージを減らし、副作用を抑えます。

強度変調放射線治療(IMRT)

従来法:均一強度、IMRT:照射角度によって強度を変える

従来法では、正常組織も悪性腫瘍と同じ量の放射線を浴びることになりダメージを受ける。

悪性腫瘍には十分な放射線があたり正常組織にはごく少量の放射線しかあたらない。

ガンマナイフ

ガンマナイフは、頭の病巣の治療方法として注目を集める定位放射線治療装置です。機体のヘルメット部分から、ガンマ線を病巣に集中して当てる仕組みになっています。病巣周辺の正常組織を傷つけず、またガンマ線ひとつひとつのエネルギーは非常に低いため、後遺症や副作用の少ない治療を行うことができます。

写真 ガンマナイフの様子
後藤 智明

ガンマナイフ担当医師

後藤 智明

山本 東明

ガンマナイフ顧問

山本 東明

生活の質を保ったがん治療

トモセラピーでは、仕事の合間にがん治療を進めることが可能です。またガンマナイフの入院期間も1日から3日程度となっており、生活の質を保ちやすい治療方法といえます。

保険が適用されます

がんの診療全体は、保険診療でまかなわれます。がんの種類によって保険適用の内容や自己負担額などが変化します。


ページの先頭へ