ページの本文へ メインメニューへ フッターへ

  1. トップ>
  2. がん治療 / がん相談

ページの本文です。

がん治療

がん相談

「これからどうすればいいの?」「薬の副作用が心配」「食欲がない」...がんを発症した患者さん、そしてそのご家族は、たくさんの疑問や不安を抱えます。当センターでは安心して治療に臨んでいただけるよう、ご相談を受け付けています。お話をうかがい、必要があれば看護師のほかにも栄養士や薬剤師、医療ソーシャルワーカーが対応します。
また、がんに関する情報を収集したり、患者さん同士の交流を深めたりする場所として患者情報室「ひだまり」があります。ぜひご利用ください。

がん相談の詳細はこちら

写真 がん相談の様子

相談事例

相談1
手術が必要と言われています。
できれば切りたくないのですが、他の治療方法はありませんか?
回答
どのような治療方法が適しているかは、患者さんの状態によって異なります。他の治療方法があるかどうか、その方法を選択した場合にどのようなメリット・デメリットがあるか、まずは主治医にご相談されるとよいでしょう。セカンドオピニオンとして、他の病院の先生に意見を求めることも可能です。
相談2
家族ががんとの診断を受けました。治らないのではないかと不安です。
本人から周りの人には話さないでほしいと言われており、一人で悩んでいます。
回答
お一人で抱え込んでおられるとのこと、大変つらい状況とお察しします。
看護師や医療ソーシャルワーカーがお話をうかがいますので、ご遠慮なくご相談ください。
相談3
初診後、すぐに入院・治療となるのでしょうか?
回答
すぐに入院ができるとは限りません。また通院で治療を行う場合もあります。
まずは外来での受診をお願いします。
相談4
がん治療は医療費が高額になると聞きました。支払いが心配です。
回答
高額療養費制度(新しいウィンドウで開きます。)はご存じですか?

事前に保険者で限度額適用認定証を発行してもらい、病院窓口に提示されることで、ひと月の医療費が自己負担限度額までのお支払いで済みます。

70歳から74歳の方は高齢受給者医療、75歳以上の方は後期高齢者医療が適用されます。各世帯の収入状況に応じて上限額が設定されていますので、詳しくは1階103お支払い相談受付、もしくは1階100患者相談支援室までお尋ねください。
相談5
自宅で療養しています。介護保険サービスが使えると聞きましたが。
回答
介護保険は通常65歳以上の方が対象になりますが、40歳以上のがん患者さんにも適用されます。
詳しくはご相談ください。
相談6
緩和ケアってなに?
回答
がんにより出現する心と身体の症状を和らげ、患者さんを支えるご家族などの思いも受け止めながら、がん治療を包括的にサポートするものです。緩和ケアでは、患者さんが持つ「その人らしい生活」が送れるようサポートを行います。
相談7
緩和ケア病棟(ホスピス)のある病院を教えてください。
回答
がん情報サービスのホームページに全国の緩和ケア病棟のある病院の情報(新しいウィンドウで開きます。)が記載されています。
また患者相談支援室にて、ご自宅近くの病院やその特色・受診方法などをご案内しています。

ページの先頭へ