疾患と治療法

当院では、循環器内科、心臓血管外科が協働で24時間体制で急性期の患者さんの治療を行っています。
患者さんの数が多い不整脈や虚血性心疾患の治療、また外科では大血管疾患や弁疾患を中心として、末梢血管疾患の治療や先天性疾患の治療にも取り組んでいます。

弁膜症

心臓内にある弁が正常に開閉せず、血液が逆流したり流れなくなったりする病気です。

大動脈瘤

動脈硬化などで弱くなった大動脈に血液がつまり、こぶ状の瘤を形成したり、血管内の膜が2層に分かれ、隙間を形成したりします。

詳しく見る

虚血性心疾患

虚血性心疾患は、心臓の周りを覆うたくさんの細い血管内に血液がたまり、血流が悪くなり起こる病気です。

不整脈

動悸や息切れ、ふらつきなどの症状があり、心不全や脳梗塞の原因にもなる病気です。

詳しく見る

先天性心疾患

生まれつき心臓や血管の構造の一部が、正常とは違う病気のことを指します。

詳しく見る

低侵襲治療

当センターでは、身体に負担の少ない(侵襲の少ない)治療に取り組んでいます。