虚血性心疾患

心筋梗塞

心筋梗塞とは

心筋梗塞には、冠動脈という血管が大きく関わっています。心臓は、全身に血液を送る筋肉のポンプの役割をしており、その心臓の筋肉自体に酸素や栄養を供給するのが冠動脈です。この血管だけととりだして見ると、冠(かんむり)に似ていることから冠(状)動脈といいます。

この冠動脈の内側にコレステロールがたまり血管が狭くなると、血液の流れが悪くなります。そして、心臓に十分な酸素を供給できなくなると、胸の痛みや圧迫感が表れます。そして、狭心症は冠動脈が詰まりかかっている状況ですが、心筋梗塞は完全に詰まってしまう病気です。そのため心臓の筋肉に栄養が運ばれず、その部分の筋肉は壊死してしまいます。一旦壊死した心臓の筋肉は、二度と元の状態に戻ることはありません。心筋梗塞の範囲が広いと、心臓は全身に血液を送ることができなくなり、心不全に陥ってしまいます。また範囲は狭くても、僧帽弁閉鎖不全や重篤な不整脈など、命に関わる病気になってしまう場合もあります。

発症の原因

ほとんどは動脈硬化が原因です。動脈硬化とは、動脈の内側にコレステロールなどがたまり、血管が詰まったり硬くなったりして弾力性を失った状態です。
血管の老化現象なので、歳をとると誰にでも起こる可能性があります。しかし、加齢のほかにも以下に示すとおり、動脈硬化を早めてしまう病気等が重なると発症しやすくなります。

脂質異常症 血液中に含まれるコレステロールや中性脂肪が、正常より高くなる状態です。これらが動脈の内側にたまることで動脈硬化が進んでしまいます。
高血圧 血圧が高いと血管内に加わる圧力が高くなり、血管の壁が痛みやすいので動脈硬化が起こりやすくなります。
糖尿病 糖尿病は、脂質異常症や高血圧症など様々な病気の危険因子です。
タバコ タバコに含まれるニコチンは、心拍数の増加、血管の収縮、血圧上昇を招きます。また、血液の粘度を高め固まりやすくする性質もあり、動脈硬化の原因になります。

上記のほか、肥満、高尿酸血症、遺伝的要素、外傷なども動脈硬化を早める要因といわれています。

症状

心臓病の症状には、動悸、息切れ、胸痛、むくみなどがありますが、狭心症や心筋梗塞の症状として最も注目すべきものは、締め付けられるような胸の痛みです。急に前胸部が締めつけられるような激しい痛みですが、外傷や骨折の痛みとは違ってはっきりと表現がしにくく、前胸部、みぞおち、心臓の前やその奥に感じられます。人によっては、喉や頬、左肩にも痛みを伴うことがあります。さらに胸痛とともに、冷や汗、吐き気、息苦しさなどが伴うこともあります(随伴症状)。痛みの長さに関わらず、締めつけられるような胸痛が突然起こり、冷や汗や吐き気がある場合は、ただちにかかりつけの医師へご相談ください。

心筋梗塞が
疑われる胸痛
  1. 安静、労作と関係なく、突然前胸部の激しい痛みが起こり、15分以上続くもの
  2. 持続性の胸痛とともに、不安感、動悸、息切れ、冷や汗、めまい、脱力感を伴うもの
  3. 胸痛の発作が繰り返し起こり、しだいにひどくなるもの
  4. それまで発作に効いていた、血管を広げ血流をよくする舌下薬(ニトログリセリン)が効かなくなるもの
痛みの部位
心筋梗塞の兆候として、狭心症での症状と同様に胸の中央部が締めつけられる症状が最も多く見られます。また、左胸部、喉、下顎、胸背部(肩甲骨下部)、肩、前額(こめかみ)、後頭部、心窩部(みぞおち)に痛みを感じる場合もあります。さらに、左肩から肘部、時には前腕にまで痛みが生じる場合もあり、激痛や締めつけられるような感覚、圧迫感などの症状が現れます。
しかし、無症候性心筋虚血( Silent Myocardial Ischemia )といって、重度の冠動脈狭窄があるにも拘わらず、全く痛みなどの症状がない方もいらっしゃるため、注意が必要です。

検査について

12誘導心電図 症状出現中の心電図をとることで、診断がつくことが多くみられます。
心エコー図検査(心臓超音波検査) 症状出現時に心エコー図検査を行うことで梗塞部位の診断がつきます。
冠動脈造影検査 冠動脈の狭窄・閉塞部位を調べる「冠動脈造影検査」を行います。この検査は局所麻酔をした後に、手首、肘や大腿の付根の動脈から、直径2mm弱の柔らかい管(カテーテル)をレントゲンで見ながら心臓まで入れていきます。そして、内圧を測定したり、カテーテル先端から造影剤を注入して、X線を使ったビデオなどで形や動きを見ていきます。この冠動脈造影により、血管の狭くなった部位や閉塞部位を正確に知ることができます。

治療方法

経皮的冠動脈形成術(PCI)という治療をおこないます。この治療は、基本的に冠動脈造影検査と同じ方法で、細い風船がついたカテーテル(バルーンカテーテル)を狭くなった冠動脈に入れていきます。そして、狭くなったり詰まったりしている部分を押し広げて拡張した後に、小さな網目状の金属チューブ(ステント)を押し広げた部分に植え込みます。

これによって、病変部を広げた状態にして、再び血管が狭くなることを防ぐことができるのです。このステント留置技術の進歩により、冠動脈形成術の安全性が高まり、手術直後の合併症は大幅に減少しました。
現在は、ほとんどの患者さんにステント留置術が用いられています。退院後は、再発予防のため定期的な受診や検査をおこない、経過を診ていくことになります。

※個人によって現れる症状はさまざまです。治療法も、症状や病態によって異なります。ご自身の症状については、まずかかりつけ医にご相談ください。