ページの本文へ メインメニューへ フッターへ

  1. トップ>
  2. 診療科・部門のご案内 / 診療科・部門で探す>
  3. 中央検査部

ページの本文です。

診療科・部門のご案内

中央検査部

  • 基本情報
  • 取り組み
  • スタッフ紹介

病理検査:病理検査室

病理検査室の主な業務は、組織診断・細胞診・病理解剖です。

業務内容

組織診断
内視鏡などで採取された組織片や手術標本から、ガラス標本を作製します。これを顕微鏡で観察し、疾患の種類や拡がりなどを診断します。腫瘍性病変か非腫瘍性病変か(特に炎症や循環障害)、腫瘍の良性・悪性の鑑別などが分かります。確定診断や治療方針の決定、治療効果の判定に重要な検査です。
細胞診
体からはがれた細胞(尿や喀痰)・採取した細胞(乳腺や甲状腺など)を顕微鏡で観察し、疾患(主に腫瘍)の有無を検査します。
病理解剖
亡くなられた患者さんの病理解剖を行い、死因の究明・生前の臨床診断の適否・合併症の有無・治療効果などを判断し、最終的な病理診断報告書を作成します。

機器一覧

測定機器 
密閉型自動包埋装置 エクセルシア(Thermo)
全自動染色・封入搬送システム ST5020 CV5030(LEICA)
凍結切片作製装置 クリオトーム(Thermo)
有機溶剤蒸留再生装置 バイオテック リサイクラー(CBG)
集細胞遠心装置 サイトスピン4(Thermo)
ホルマリンガス換気装置 ラミナーテーブル(興研)
カセット自動印字装置 オートライトネクストカセットプリンタ(SAKURA)
プレパラート自動印字装置 ファインフロストプリンタミニ(松浪ガラス工業)


ページの先頭へ