ページの本文へ メインメニューへ フッターへ

  1. トップ>
  2. 診療科・部門のご案内 / 診療科・部門で探す>
  3. リハビリテーション部

ページの本文です。

診療科・部門のご案内

リハビリテーション部

  • 基本情報
  • 取り組み
  • スタッフ紹介

特徴

高齢者の増加に対応した急性期リハビリテーションの実践

厚生労働省は「リハビリテーションのあり方」について、以下2つのモデルを提示しています。

  • 脳卒中・骨折など突発完成型の疾患に対する治療モデル
  • 安静状態が長く続くことで起きる疾患(廃用症候群)の治療モデル

いずれも、発症後早い時期からの重点的なリハビリテーションが望まれます。これに対応するため、当院では疾患別に提供体制を整備。地域医療とも連携しながら、急性期のリハビリテーションに力を注いでいます。

基本方針

  • 急性期リハビリテーションを重点的に行う
  • 廃用症候群を積極的に予防する
  • 地域の医療・福祉機関とのスムーズな連携を図る

学会・論文発表実績はこちら

お知らせ

2017年02月13日
第3回 四肢外傷に対するリハビリテーション勉強会(第3回 リハ勉強会) 

診療科の実績

 

その他の疾患と治療法


ページの先頭へ