ページの本文へ メインメニューへ フッターへ

  1. トップ>
  2. 診療科・部門のご案内 / 診療科・部門で探す>
  3. 救急総合診療センター

ページの本文です。

診療科・部門のご案内

救急総合診療センター

  • 基本情報
  • 取り組み
  • スタッフ紹介

お知らせ

2018年11月09日
心電図・画像伝送システム心電図・画像伝送システム 本格稼働開始 
2018年10月15日
救急統計2017を発行しました。 
2018年10月04日
当院でのせん妄に対する取組について 
2018年09月13日
集中治療室 牛島久美子師長が「平成30年度 救急医療功労者 知事表彰」を授与されました。 
2017年08月14日
救急統計2016を発行しました。 

診療の最前線

2018年11月1日、当院は県内初となる「クラウド型12誘導心電図伝送システム」の本格運用を開始しました。
心筋梗塞が疑われる患者や事故等による外傷患者さんに対して、救急隊がとった心電図や画像のデータを、事前に病院へ伝送するものです。
口頭では伝わりにくい状況が心電図や画像で判断でき、救急隊に指示したり、患者さんをいち早く受入れる準備を整えることができます。

特徴

地域医療への貢献を理念に掲げ
救急および総合診療の一体化を実現しています

救急科と総合診療科を統合し、さまざまな救急疾患に対応できる診療体制を整えています。
救急医療の質のさらなる向上と目指すとともに、救急医や総合診療医の育成を通じ、地域医療に貢献することを理念としています。

全国でもトップクラスの救急搬送数です

救急搬送後に当院へ入院された患者さんの数は、全国でもトップクラスにのぼります。年々増え続ける救急患者さんを受け入れるため、2010年に救急総合診療センターを創設しました。多臓器にまたがる重症患者や、どの診療科にも属さない患者さんへ対応すべく、各診療科より専門医が集結。救急と総合診療の一体化を実現しています。

診療科の実績

その他の疾患と治療法


ページの先頭へ