ページの本文へ メインメニューへ フッターへ

  1. トップ>
  2. 診療科・部門のご案内 / 診療科・部門で探す>
  3. 腫瘍内科(集学的がん診療センター)

ページの本文です。

診療科・部門のご案内

腫瘍内科(集学的がん診療センター)

  • 基本情報
  • 症状と治療方法
  • 医師紹介
  • 検査情報

お知らせ

2018年10月12日
10月14日(日)開催!「リビング医療セミナー」 ―「脳卒中」「がん」について ― 

特徴

がんの化学療法・緩和療法を中心とした疾患の治療を担当します

当科は、がんの化学療法・緩和療法を担当しています。 また、2020年4月1日から、横断的にがん診療を統括する組織として、50名の多職種(10職種)から構成された「集学的がん診療センター」が発足しました。「集学的」とは、それぞれ異なる領域(分野)を専門とする複数の医師や医療専門家による治療計画を立案する取り組み、あるいはそのようなチームをあらわす用語として使用されています。当科は、当センター内で他科や他職種とともに、一体となってがん診療に取り組んでいます。

がんの化学療法・緩和療法をすべて担当しています

がんによるさまざまな症状は、薬物療法により緩和することが可能です。また抗がん剤での化学療法による苦痛も、副作用を抑える療法(支持療法)を行うことで、大幅に軽減できます。現在では90%以上のがん治療を外来で行うことが可能です。
がんの緩和療法や化学療法(抗がん剤・ホルモン薬・分子標的薬など)については、すべて当センターが治療にあたります。在宅ケアにも積極的に取り組んでいます。

主な治療対象

疾患名関連する疾患
悪性腫瘍 肺がん、横隔腫瘍、白血病、悪性リンパ腫、胃がん、結腸がん、直腸がん、膵がん、胆管がん、胆のうがん、腎がん、腎盂がん、尿管がん、膀胱がん、前立腺がん、乳がん、卵巣がん などに対する化学療法および緩和療法

その他の症状と治療法

外来医師担当表

腫瘍内科

新患/再来
新患/再来 森北 辰馬
新患/再来 小田 尚伸   小田 尚伸

緩和ケア外来

新患/再来
新患/再来 担当医 担当医 担当医 担当医 担当医

診療科の実績

その他の疾患と治療法


ページの先頭へ