ページの本文へ メインメニューへ フッターへ

  1. トップ>
  2. 診療科・部門のご案内 / 疾患から探す>
  3. その他血管疾患

ページの本文です。

診療科・部門のご案内

その他血管疾患

両手両足にある血管や大動脈の動脈硬化、血管内にできた血のかたまりなどにより起きる疾患です。

病名

急性大動脈解離、大動脈瘤、慢性閉塞性動脈硬化症(ASO)、静脈瘤、深部静脈血栓症 ほか

症状など

「動脈解離」は、正常だった動脈が突然裂ける疾患です。激しい胸背部痛が起こり、急性心筋梗塞との鑑別が必要となります。「動脈血栓症」では血管の一部が固まり血液が詰まってしまうため、突然冷感や痛みが現れます。

一方、大動脈の壁が拡張し破裂の危険を伴う「動脈瘤」は破れるまで症状がなく、多くは健康診断などで発見されます。この疾患では手足がむくみ、ふくらはぎに痛みが現れるため、長い距離が歩けなくなります。

主な検査

治療方法

薬物治療、血管形成術、外科的手術(人工血管置換手術、バイパス手術)、疾患の状態によっては胸部・腹部大動脈瘤に対してステント治療を行います。
⇒外科的手術は、心臓血管センター(心臓血管外科)をご覧ください

診療部門

心臓血管センター(循環器内科) 

個人によって現れる症状はさまざまです。治療法も、症状や病態によって異なります。 ご自身の症状については、まずかかりつけ医にご相談ください。


ページの先頭へ