ページの本文へ メインメニューへ フッターへ

  1. トップ>
  2. 診療科・部門のご案内 / 疾患から探す>
  3. 慢性閉塞性肺疾患

ページの本文です。

診療科・部門のご案内

慢性閉塞性肺疾患

息を吐くときに肺から出る空気の量が減少し、慢性的に気道がふさがった状態になる疾患です。最大の原因は喫煙ですが、化学物質を長期間吸い込むことや遺伝などによっても発症する確率が高まります。

病名

慢性閉塞性肺疾患(Chronic Obstructive Pulmonary Disiaseの頭文字をもって、COPDとも呼ばれます)という病名の中に、肺気腫、慢性気管支炎、びまん性汎細気管支炎という病気が含まれます。

症状など

痰を伴う咳が長期間続く、息切れ、チアノーゼなど
呼吸機能検査や胸部X線撮影、胸部CT検査で早期発見することが大切です。

主な検査

胸部X線撮影胸部CT検査、スパイロメーター(肺活量計)、動脈血採血もしくは経皮的酸素飽和度測定による血液中酸素分圧の低下など

治療方法

生活習慣改善(禁煙)、薬物療法(吸入、内服他)、運動療法で呼吸機能の改善を目指します。症状が長期間続けば筋肉量の低下等が起こり、全身的な活動性の低下が起こりますので、栄養指導、呼吸理学療法も行います。

動脈血中の酸素分圧低下が著しければ、酸素療法、人工呼吸療法等を行います。また、肺がんや心筋梗塞も起こしやすくなりますので、定期的な検診が必要になります。

 

診療部門

呼吸器センター(呼吸器科) 

個人によって現れる症状はさまざまです。治療法も、症状や病態によって異なります。 ご自身の症状については、まずかかりつけ医にご相談ください。


ページの先頭へ