ページの本文へ メインメニューへ フッターへ

  1. トップ>
  2. 診療科・部門のご案内 / 疾患から探す>
  3. 胆のう結石、胆管結石(消化器)

ページの本文です。

診療科・部門のご案内

胆のう結石、胆管結石(消化器)

胆のうや胆管内に、コレステロールやビリルビン(赤血球から生じる色素)による結石が生じる疾患です。

病名

胆のう結石、胆管結石

症状など

通常は無症状のことが多く、結石が胆のうや胆管の出口で詰まると、腹痛や吐き気を起こします。細菌感染により胆のう炎や胆管炎を併発すると発熱も起き、時に非常に重症化する場合があります。

主な検査

腹部超音波検査腹部CT検査、胆管造影検査(ERCP)など

治療方法

内視鏡的十二指腸乳頭切開術

胆管結石では、胃カメラの要領で専用の内視鏡を十二指腸の胆管・すい管の出口(乳頭部)まで進めた後、内視鏡用の電気メスで乳頭部の筋肉を切り開きます。また、バルーンにて乳頭開口部を拡張することもあります。
胆のう結石・胆のう炎は、発症初期なら外科的手術(腹腔鏡下胆のう摘出術)を行います。

診療部門

消化器病センター(消化器内科) 

個人によって現れる症状はさまざまです。治療法も、症状や病態によって異なります。 ご自身の症状については、まずかかりつけ医にご相談ください。


ページの先頭へ