ページの本文へ メインメニューへ フッターへ

  1. トップ>
  2. 診療科・部門のご案内 / 疾患から探す>
  3. 食道がん

ページの本文です。

診療科・部門のご案内

食道がん

食道がんは、食道の内側の表面(食道粘膜)にできます。初期は無症状ですが、がんが大きくなって粘膜の外の筋層以深におよぶと、食べ物がつかえたり逆流したりする症状が現れます。また胃がんに比べ、周りのリンパ節へ転移しやすいのが特徴です。喫煙・飲酒などが主な原因となります。

病名

食道がん

症状など

初期は無症状。進行すると物が飲み込みにくい、飲み込むときに痛いなど

主な検査

上部消化管内視鏡検査、造影X線撮影、超音波内視鏡検査、CT検査、腫瘍マーカーなど

治療方法

リンパ節への転移の可能性が少ない表層にとどまっているがんに対しては、外科的な手術ではなく内視鏡での治療が可能です。先端が非常に小さい電気メスを用いて、病変部を切りはがします。
内視鏡治療で対処できない場合は、手術での対応が可能な医療機関へご紹介しています。

診療部門

消化器病センター(消化器内科) 

個人によって現れる症状はさまざまです。治療法も、症状や病態によって異なります。 ご自身の症状については、まずかかりつけ医にご相談ください。


ページの先頭へ