ページの本文へ メインメニューへ フッターへ

  1. トップ>
  2. 診療科・部門のご案内 / 疾患から探す>
  3. その他の心臓疾患

ページの本文です。

診療科・部門のご案内

その他の心臓疾患

心臓の弁および筋肉の異常によって起きる疾患です。動脈硬化や感染で弁の働きが悪くなる「狭窄症」と、弁の閉じ方が不完全で血液の逆流が起こる「閉鎖不全症」を総称して、「弁膜症」と呼びます。心臓の筋肉そのものが力を失い、血液を体内に循環させる機能が低下してしまう「心筋症」も含まれます。また発生途中で、心臓の部屋を仕切る隔壁が不十分であったため心臓の中に穴が空き、血液の流れに異常が現れることがあります。

病名

急性心不全、慢性心不全、弁膜症、心筋症、先天性心疾患 ほか

症状など

心臓の働きが不十分なため、さまざまな症状が起こります。息切れや呼吸困難・手足のむくみが現れ、日常活動が制限されたり、不整脈の原因となったりすることがあります。長く続く発熱も症状のひとつです。無症状のケースも見られ、健康診断で心雑音を指摘されて初めて気がつくことがあります。

主な検査

治療方法

外科的手術、薬物療法、経皮的冠動脈介入術(PCI) など

診療部門

心臓血管センター(循環器内科) 

個人によって現れる症状はさまざまです。治療法も、症状や病態によって異なります。 ご自身の症状については、まずかかりつけ医にご相談ください。


ページの先頭へ