ページの本文へ メインメニューへ フッターへ

  1. トップ>
  2. 診療科・部門のご案内 / 疾患から探す>
  3. 胃悪性リンパ腫

ページの本文です。

診療科・部門のご案内

胃悪性リンパ腫

胃にできる腫瘍の中で、胃がんに次いで多いのがリンパ組織のがん・悪性リンパ腫です。悪性リンパ腫も組織型(腫瘍の種類名のこと)の違いにより、いくつかに分類されます。中でもマルトリンパ腫という種類は害の少ないリンパ腫で、ヘリコバクター・ピロリを取り除くことによって約7割の患者さんが治ることが知られています。また害の大きい組織型のリンパ腫の場合は、抗がん剤の投与を行う治療が一般的です。

病名

胃悪性リンパ腫

症状など

食欲不振、腹痛、吐血、吐き気など

主な検査

上部消化管内視鏡検査、組織検査、胃X線撮影、超音波内視鏡検査、CT検査、PET/CT

治療方法

ヘリコバクター・ピロリ除菌療法、抗がん剤治療、放射線治療など

診療部門

消化器病センター(消化器内科) 

個人によって現れる症状はさまざまです。治療法も、症状や病態によって異なります。 ご自身の症状については、まずかかりつけ医にご相談ください。


ページの先頭へ