ページの本文へ メインメニューへ フッターへ

  1. トップ>
  2. 診療科・部門のご案内 / 疾患から探す>
  3. 大腸ポリープ(消化器)

ページの本文です。

診療科・部門のご案内

大腸ポリープ(消化器)

大腸ポリープは大腸の粘膜に生じる「いぼ」のようなものです。大部分は害はありませんが、放っておくと大きくなり、がんを併発するケースもあります。大きなポリープほど、すでにがんが潜んでいる可能性が高いと考えられます。はっきりした原因は不明ですが、欧米型の食生活によって発症しやすくなると言われています。

病名

大腸ポリープ

症状など

通常は無症状

主な検査

大腸内視鏡検査、組織検査

治療方法

内視鏡的ポリープ切除術(ポリペクトミー)

診療部門

消化器病センター(消化器内科) 

個人によって現れる症状はさまざまです。治療法も、症状や病態によって異なります。 ご自身の症状については、まずかかりつけ医にご相談ください。


ページの先頭へ