ページの本文へ メインメニューへ フッターへ

  1. トップ>
  2. 診療科・部門のご案内 / 疾患から探す>
  3. 前立腺がん

ページの本文です。

診療科・部門のご案内

前立腺がん

前立腺から発生するがんで、高齢男性に多く発症します。近年、日本でもその数が増えている疾患です。

病名

前立腺がん

症状など

初期には頻尿、ある程度進行すると排尿困難・残尿感・血尿など。末期では尿が出なくなる・がんによる痛み・貧血・転移による病的な骨折など

主な検査

直腸診による前立腺触診、血液検査(PSA)、超音波検査MRI検査、前立腺生検(病変部の一部を採取して検査をすること)による病理組織検査

治療方法

腹腔鏡視下前立腺悪性腫瘍手術

2013年3月より、ロボット支援腹腔鏡下根治的前立腺全摘除術を開始します。
詳しくは特設サイトをご覧ください。手術支援ロボット ダヴィンチ da vinci

放射線治療

がんとそれ以外の正常な組織への放射線照射量が調整できる装置「リニアック」にて治療を行います。

※原則は外来通院での治療となります。「リニアック」についての詳細はこちら

診療部門

 腎・泌尿器センター(腎・泌尿器科) 

個人によって現れる症状はさまざまです。治療法も、症状や病態によって異なります。 ご自身の症状については、まずかかりつけ医にご相談ください。


ページの先頭へ