ページの本文へ メインメニューへ フッターへ

  1. トップ>
  2. 診療科・部門のご案内 / 疾患から探す>
  3. クモ膜下出血

ページの本文です。

診療科・部門のご案内

クモ膜下出血

脳の表面を覆っているクモ膜と、脳表面との間のクモ膜下腔に出血が起きた状態です。 大人の場合、原因のほとんどが脳動脈瘤の破裂で、脳内出血を合併している場合もあります。悪心嘔吐を伴う突然の激しい頭痛で発症することが多く、そのまま死に至る可能性も高い重大な疾患です。脳動脈瘤破裂以外では、脳動静脈奇形の破裂による場合があります。

病名

脳動脈瘤破裂によるクモ膜下出血

症状など

悪心嘔吐を伴う頭痛で発症するケースが多く、重症だとそのまま意識を失って死に至ることもあります。軽症で頭痛が持続し、数日後に外来を受診するような場合もあります。放置すれば再破裂して死亡する確率が非常に高くなります。出血の原因を明らかにし、適切な再破裂予防の処置を行う必要があります。

主な検査

治療方法

出血の原因に応じて治療を実施します。破裂脳動脈瘤が発見された場合は、脳動脈瘤の根元をクリップでとめて血液の流れを遮断する「脳動脈瘤クリッピング手術」や、脳動脈瘤内に医療用コイルを詰める「コイル塞栓術」で再出血を防止します。脳動静脈奇形が原因の場合は、手術で摘出するか、ガンマナイフによる放射線治療を行います。

診療部門

脳卒中センター(脳神経外科) 

個人によって現れる症状はさまざまです。治療法も、症状や病態によって異なります。 ご自身の症状については、まずかかりつけ医にご相談ください。


ページの先頭へ