ページの本文へ メインメニューへ フッターへ

  1. トップ>
  2. 診療科・部門のご案内 / 疾患から探す>
  3. 二次性副甲状腺機能亢進症

ページの本文です。

診療科・部門のご案内

二次性副甲状腺機能亢進症

副甲状腺は副甲状腺ホルモンを作り出し、血液中のカルシウム濃度を一定の範囲内に調節している臓器です。血液中のカルシウムが減ると、通常は副甲状腺ホルモンが増加します。ホルモンが増加すると骨に蓄えられているカルシウムが血液中に溶かし出され、カルシウム濃度が正常に戻るという仕組みです。

二次性副甲状腺機能亢進症とは、副甲状腺の異常によるものではなく、慢性腎不全が原因で副甲状腺ホルモンが過剰に分泌され、血液中のカルシウム濃度が必要以上に高くなる疾患を指します。

病名

二次性副甲状腺機能亢進症

症状など

放置していると骨がもろくなり、骨折を起こしやすくなります。また手足の関節が変形したり、運動の障害を起こします。血管壁にもカルシウムが沈着するため、心筋梗塞や動脈瘤などを引き起こしやすくなるほか、イライラ感・不眠などの精神症状も現れます。

主な検査

治療方法

副甲状腺摘出術

全身麻酔のもと頸部を約4センチメートル横に切開し、甲状腺を周囲の組織から切り離して、その裏側にある副甲状腺を摘出します。摘出した副甲状腺の一部(30から50ミリグラム程度)は、透析用シャントと反対側の前腕筋肉内に移植します。

診療部門

腎・泌尿器センター(腎・泌尿器科) 

各個人によって現れる症状はさまざまです。標準的な治療法も、患者さんによって大きく異なります。
ご自身の疾患については、まずかかりつけ医にご相談ください。


ページの先頭へ