ページの本文へ メインメニューへ フッターへ

  1. トップ>
  2. 診療科・部門のご案内 / 疾患から探す>
  3. 脳内出血

ページの本文です。

診療科・部門のご案内

脳内出血

脳内部の細小動脈が破れて出血し、脳の中に血腫(血のかたまり)ができる状態です。 高血圧が主な原因となります。脳動静脈奇形や硬膜動静脈瘻など、異常血管が破れることやアミロイド血管炎によっても起こります。

病名

脳内出血

症状など

突然の頭痛・麻痺・言語障害・高次脳機能障害・意識障害などが起こります。出血量が多ければ、死に至ることもあります。脳が必ず破壊されるため、後遺症を残す可能性が高い疾患です。

主な検査

治療方法

血腫除去術(開頭血腫除去・定位脳手術)

出血量が非常に多い場合は、救命を目的に開頭血腫除去を行うことがあります。通常は定位脳手術を選択します。頭に特殊な枠を固定して検査を行い、コンピューターで血腫の位置を正確に計算した上で、針を刺して血腫を吸引します。

診療部門

脳卒中センター(脳神経外科) 

個人によって現れる症状はさまざまです。治療法も、症状や病態によって異なります。 ご自身の症状については、まずかかりつけ医にご相談ください。


ページの先頭へ