ページの本文へ メインメニューへ フッターへ

  1. トップ>
  2. 診療科・部門のご案内 / 疾患から探す>
  3. 心房中隔欠損症

ページの本文です。

診療科・部門のご案内

心房中隔欠損症

心臓の中の右房と左房の間にある心房中隔という仕切りの隔壁に「穴」(欠損孔)がある先天性の心臓病です。
幼少期には症状が無い事が多く、学校検診で初めて、心雑音や心電図異常で発見されることも多い病気です。

病名

心房中隔欠損症

主な自覚症状

不整脈、心雑音、心電図異

症状など

欠損孔を通じて左房から右房へ血液が流れ込みます。右房・右室・肺動脈への血液が増加するので、治療せずに放置すると、右心系の拡大(容量負荷)を生じます。
肺血流の増加が続くと思春期を過ぎた頃より肺動脈圧が上昇して肺高血圧を生じることもあります。また、右房・右室の拡大が続くと右房壁が引き伸ばされて、不整脈、特に心房細動(心房の収縮が細かく震えるようになる不整脈)を生じるようになることもあります。
肺高血圧が進んでチアノーゼを生じるようになったりすると生命予後を左右したり、肺高血圧が無くても運動能力の低下から日常生活の質を低下させることがあります。静脈にできた血栓が右心房から左心房に流れ、脳動脈に流れると、脳梗塞になる危険性もあります(奇異性塞栓といいます)。

主な検査

治療方法

心房中隔欠損閉鎖術

心臓外科治療とカテーテルによる治療の2つの治療法があります。
胸部を切開して欠損部を直接治療する外科治療は、心臓血管外科にて行い、循環器内科では、カテーテルを用いた治療を行っています。患者さんの病態やご希望に添って、治療方針を決定します。

心房中隔欠損症に対するカテーテル治療 特設サイトはこちら 心房中隔欠損症に対するASO治療 特設サイトへ

 

診療部門

心臓血管センター(循環器内科) 心臓血管センター(心臓血管外科) 

各個人によって現れる症状はさまざまです。標準的な治療法も、患者さんによって大きく異なります。
ご自身の疾患については、まずかかりつけ医にご相談ください。


ページの先頭へ