ページの本文へ メインメニューへ フッターへ

  1. トップ>
  2. 診療科・部門のご案内 / 疾患から探す>
  3. 髄膜炎・脳炎

ページの本文です。

診療科・部門のご案内

髄膜炎・脳炎

脳の表面を覆っている髄膜(脳と脊髄を覆う膜)、あるいは脳実質そのものへの感染により引き起こされる疾患です。原因は、細菌、ウイルス、真菌(かび)、原虫、寄生虫等の感染です。

病名

髄膜炎、脳炎

症状など

頭痛、発熱、嘔吐、重症化すれば意識障害や、けいれん発作、運動麻痺、などが加わることがあります。

主な検査

髄液検査(腰椎穿刺)、血液検査

治療方法

抗生物質、抗ウイルス薬、抗真菌薬、副腎皮質ホルモン等による薬物療法が主体です。

診療部門

脳卒中センター(神経内科) 

個人によって現れる症状はさまざまです。治療法も、症状や病態によって異なります。 ご自身の症状については、まずかかりつけ医にご相談ください。


ページの先頭へ