ページの本文へ メインメニューへ フッターへ

  1. トップ>
  2. 診療科・部門のご案内 / 疾患から探す>
  3. 先天性心疾患

ページの本文です。

診療科・部門のご案内

先天性心疾患

生まれながらに心臓の機能に問題がある疾患の総称です。新生児検診や学校検診などで見つかることが多い病気です。

動脈管開存症 (PDA:Patent Ductus Arteriosus)、心房中隔欠損症

病名

心室中隔欠損、心房中隔欠損、心内膜床欠損、肺動脈狭窄、ファロー四徴症、など

症状など

心室中隔欠損、心房中隔欠損症が最も多く、成長発達が遅れたりチアノーゼが出現したりします。高齢まで未治療だと不整脈や心不全、脳梗塞の原因にもなります。

主な検査

治療方法

欠損孔閉鎖術、心内修復術 など

診療部門

心臓血管センター(循環器内科) 心臓血管センター(心臓血管外科) 

各個人によって現れる症状はさまざまです。標準的な治療法も、患者さんによって大きく異なります。
ご自身の疾患については、まずかかりつけ医にご相談ください。


ページの先頭へ