ページの本文へ メインメニューへ フッターへ

  1. トップ>
  2. 診療科・部門のご案内 / 検査から探す>
  3. 血管造影検査(Angio)

ページの本文です。

診療科・部門のご案内

検査から探す

血管造影検査(Angio)

造影剤を使って、血管に関する疾患を調べます。

血管造影とは、血管の状態や血液の流れを調べるための検査です。太ももの付け根または腕の動脈から細い管(カテーテル)を通し、造影剤を目的の血管に流しながらX線撮影します。血管が狭くなったり詰まったりしていないか・腫瘍を栄養としている血管はどれかなど、血管が関係している疾患を詳しく調べることができます。狭くなった血管を広げたり、腫瘍に栄養を運ぶ血管を詰めたりなど、治療を行うことも可能です。検査・治療時間は30分から数時間となります。

最新鋭の機器を導入しています

当院では2009年より、最新鋭の検査機器「Infinix Celeve-I」を導入しました。従来に比べ体内を鮮明に写し出すことができ、より安全で迅速な診断・治療が可能になりました。

機器の詳細はこちら

検査について

心臓疾患の検査

・心臓カテーテル検査
コレステロールが沈着して心臓の血管(冠動脈)が狭くなると、狭心症や心筋梗塞を起こす可能性があります。心臓カテーテル検査はこれらの疾患を発見し、治療方針を決めるために必要な検査です。2009年より、外来での日帰りカテーテル検査も行っています。

心臓疾患の治療

・経皮的冠動脈インターベンション(PCI)
血管の狭くなった部分に、風船のついたカテーテルを通して内側から押し広げたり、網目状のステントを留置したりする治療です。その他に、血栓の吸引やカテーテルの先に取り付けたダイヤモンドのバーを回転させて削り取るなど、特殊な治療も行います。 治療の際には、血管内超音波(IVUS)を用い、血管内の評価を行う場合もあります。

・高周波カテーテルアブレーション(RFCA)
先端に電極がついたカテーテルを心臓内に通し、不整脈の原因となっている病巣を電気的に焼灼する方法です。

※個人差もありますが患者さんによっては、風船などで広げる際に多少の胸苦しさを感じる場合があります。その際は遠慮なくスタッフにお伝えください。

脳疾患の検査

・頭部血管造影検査
脳血管障害(くも膜下出血・脳梗塞・脳動静脈奇形など)の状態を把握し、治療方針の決定に利用するほか、手術前の精査としても実施されます。

脳疾患の治療

・コイル塞栓術
脳動脈瘤に対する治療方法です。動脈瘤とは、動脈にこぶ状や円筒状のふくらみができた状態をいいます。動脈瘤は破れていない状態ならば症状はありませんが、一旦破裂すると一瞬にして血流が広がり、くも膜下出血をおこし非常に重篤な疾患となります。 コイル塞栓術は、破裂した動脈瘤に医療用の形状記憶コイルを入れ、出血を止めることを目的としています。

・頸部ステント留置術(CAS)
頸動脈狭窄症に対する治療方法です。頸動脈とは、脳に血液を送る役割を果たす重要な血管です。この血管が狭くなると脳に血液が送られなくなり、脳梗塞をおこしたりすることがあります。 頸部ステント留置術では、狭くなった頸動脈にステントを置くことで血管を正常な幅に戻し、血液の流れを良くします。脳梗塞をおこして詰まった血管に、血栓を溶かす薬を流す治療方法もあります。

消化器疾患の治療

治療には以下のようなものがあります。

・経カテーテル的動脈塞栓術(TAE)
腫瘍を栄養している血管に薬剤を注入したり、その血管を詰めたりします。また、血管に傷がついて出血が止まらない場合にも、止血として血管を塞栓します。
腹部の血管治療の際には、CT装置と血管撮影装置が一体となったIVR-CTという装置が導入されています。血管を撮影した直後にCTで撮影することが可能なので、目的部位を確実に塞栓することができます。

その他

体のほとんどの血管を造影検査することが可能です。

・血栓除去術
上肢や下肢に急性動脈閉塞が起きた際、血栓を除去する治療です。先に風船のついたカテーテル(血栓除去カテーテル)を動脈の切開した部分から挿入し、血栓を引っ張り出します。血栓を取り除いた後は造影をして、動脈が再開通しているか確認します。

・大動脈ステント術
大動脈瘤などの疾患に対して、開胸(開腹)手術することなく治療を行います。低侵襲の治療が可能なため、手術が難しい高齢者の患者さんなどにも実施できます。
当院では、ステント術専用のDSA装置を2009年に導入。これにより、手術室での治療がより安全になりました。

ご注意いただきたいこと

  • 検査(治療)前は絶食になります。
  • 動脈に針を刺してからの検査(治療)がほとんどです。針を刺す場所を消毒し、清潔なシートをかぶせて検査(治療)を進めるため、実施している間は動くことができません。ご了承ください。
  • 針を刺した場所によって異なりますが、検査(治療)後は数時間の安静が必要です。
  • 詳細につきましては、担当スタッフまでお気軽にお尋ねください。

造影剤の投与について

造影剤とは何か、副作用はどんなものがあるのか、検査前の注意事項などを以下のページに詳しくまとめています。下記をクリックしてご覧ください。

PDFを新しいウィンドウで開きます。造影検査を受けられる方はこちら

診療部門

外科センター(外科) 心臓血管センター(循環器内科) 心臓血管センター(心臓血管外科) 脳卒中センター(脳神経外科) 腎・泌尿器センター(腎・泌尿器科) 


ページの先頭へ