ページの本文へ メインメニューへ フッターへ

  1. トップ>
  2. 診療科・部門のご案内 / 検査から探す>
  3. DR検査

ページの本文です。

診療科・部門のご案内

検査から探す

DR検査

X線透視を使用して、疾患の診断・治療を行います。

DR(Digital Radiography=デジタルラジオグラフィー)検査では、主に造影剤を使用したX線診断を行います。胃透視を始めとするバリウム造影剤を飲む検査の他、内視鏡を使用する検査、造影剤を静脈注射・点滴などを用いる検査があります。
検査(ERCPなど)で診断確定後、ただちに内視鏡的治療(ESTなど)を実施することもあります。

検査について

DR検査では、さまざまな部位の検査を行います。

嚥下造影(えんげぞうえい)

バリウム造影剤を用いて、物を食べたり飲み込んだりするときの口・喉の動きを調べます。バリウム造影剤を混ぜた食品(ゼリー・おかゆ・クッキーなど)を検査中に食べていただき、正しく飲み込むことができているか評価します。 ※食品に混ぜるバリウム造影剤は少量です。

胃透視・注腸

胃透視は、胃の壁に異常がないかを調べる検査です。バリウム造影剤に加えて胃を膨らませる「発泡剤」という炭酸の粉も飲んでいただき、体をさまざまな方向に動かしながら、胃全体を撮影していきます。注腸ではバリウム造影剤と腸を膨らませるための空気を肛門より注入し、腸の壁に異常がないかを調べます。両検査ともに、検査にかかる時間は20~30分です。
どちらの検査も、胃や腸の蠕動(ぜんどう)運動を抑えるため薬を注射します。以下の3つに該当する方は注射できない場合がありますので、事前にスタッフへお伝えください。

  • 心臓病の方
  • 緑内障の方
  • 前立腺肥大症の方

DIP(Drip Infusion Pyelography=点滴注入腎盂造影)

DIPでは透視台に仰向けに横たわり、造影剤を点滴しながら、腎臓から尿管・膀胱へと尿の流れる様子を調べます。一定の時間ごとに6回撮影し、検査にかかる時間は約1時間程度となります。

その他

PTGBD(経皮経肝胆嚢ドレナージ)・EST(内視鏡的括約筋切開術)・ろう孔造影・イレウスチューブ挿入などがあります。

ご注意いただきたいこと

撮影部位にある金属類・プラスチック類などは取り外してください。また検査前に、食事の制限や薬の服用などをお願いする場合があります。

  • プラスチック類(ボタンなど)
  • 貴金属(ネックレス、ピアスなど)
  • メガネ、入れ歯
  • 金属の入った下着(ブラジャーなど)
  • ズボンのベルト、ファスナー
  • カイロ、エレキバン、湿布

※検査前に上記のものがないかチェックし、該当する場合は取り外していただきます。検査着を用意していますのでご安心ください。
※検査当日は、脱着しやすい服装でお越しください。
※ご不明の点につきましては、ご遠慮なくスタッフにお尋ねください。

造影検査を受けられる方へ

造影剤は、体の異常をわかりやすくするために用いる薬です。バリウム造影剤を用いる検査を受けられた方は、検査後に下剤が処方されます。バリウム造影剤は腸管内で固まりやすいので、早めに内服し、便として排泄ください。(嚥下造影の場合は除く)

造影剤による副作用について

ほとんどの場合、造影剤は人体に無害です。しかし極めてまれに副作用が見られることがあります。以下に該当される方は、事前にスタッフまでお知らせください。

  • 以前、造影剤を使った検査で具合が悪くなったことがある方
  • ぜんそくを患っている、あるいは患ったことがある方
  • 食べ物や薬アレルギー・花粉症・アトピー体質の方
  • 心臓・腎臓に病医のある方
  • 糖尿病・高血圧・動脈硬化の治療を受けている方
  • 妊娠中・または妊娠の可能性のある方

※当院では上記の事項を事前に把握するため、問診票の記入をお願いしています。検査を受けられる際にはご協力をお願いします。

造影剤とは何か、副作用はどんなものがあるのか、検査前の注意事項などを以下のページに詳しくまとめています。下記をクリックしてご覧ください。

PDFを新しいウィンドウで開きます。造影検査を受けられる方はこちら

診療部門

消化器病センター(消化器内科) 


ページの先頭へ