ページの本文へ メインメニューへ フッターへ

  1. トップ>
  2. 診療科・部門のご案内 / 検査から探す>
  3. 下肢血管超音波検査

ページの本文です。

診療科・部門のご案内

検査から探す

下肢血管超音波検査

超音波を用いて、足の血管に異常がないかを調べます。

脚部にある深部静脈という血管には、血液のかたまり(血栓)ができることがあります。その血栓が肺に流れて詰まると、呼吸困難や突然死をきたす可能性があります。下肢血管超音波検査は、深部静脈にある血栓を探るのに効果的な検査です。
太ももからくるぶしにかけて動脈や静脈の流れが順調か、血栓がないかを検査します。 具体的には、以下のような疾患を調べることができます。

  • 歩行時の足の痛みやしびれの原因となる閉塞性動脈硬化症の有無
  • 脳梗塞・足のだるさ・むくみの原因となる深部静脈血栓や静脈瘤の有無と原因

検査について

足にゼリーを塗り、そこにプローブ(探触子)という超音波発信器を軽く押しあてるだけです。痛みや苦痛を伴わず、何度でも検査ができます。患者さんの疾患や状態などで異なりますが、検査にかかる時間は約30分から1時間程度です。

ご注意いただきたいこと

  • 検査ズボンに履きかえ、ベッドの上で仰向けになって検査を受けていただきます。
  • 食事制限などは特にありません。

診療部門

心臓血管センター(循環器内科) 


ページの先頭へ