ページの本文へ メインメニューへ フッターへ

  1. トップ>
  2. 診療科・部門のご案内 / 検査から探す>
  3. マンモグラフィー

ページの本文です。

診療科・部門のご案内

検査から探す

マンモグラフィー

触診ではわかりにくい乳がんを発見します。

マンモグラフィー(Mammography)とは、乳房のX線撮影のことです。触診ではわかりにくい乳がんに関して、最も感度の高い方法とされています。 乳房は柔らかい組織でできているため、通常の胸部X線写真などに比べ、そのままではきれいに撮影することが困難です。そこで専用装置を使用し、圧迫して乳房を薄くしてから撮影します。薄くすることで乳腺の重なりがなくなり、少ないX線量で撮影することができます。

検査について

乳房を圧迫板で押さえて撮影します。片側の乳房を上からと横から2回、両方あわせて計4回の撮影を行います。写真を確認してより詳しく撮る必要がある場合は、拡大した写真を撮ることもあります。検査時間は20分程度です。

ご注意いただきたいこと

  • 力が入っていると乳房をうまく圧迫できません。また痛みも強くなりますので、力を入れずリラックスして検査を受けてください。
  • X線を使って撮影を行います。ネックレスなどX線吸収の大きいものは、撮影前に取り外していただきます。
  • ホルモンの関係で乳腺が張っていると、撮影時の痛みは強くなります。生理が開始してから1週間後から10日後の検査をおすすめします。

診療部門

外科センター(外科) 腫瘍・糖尿病センター(腫瘍内科・糖尿病内科) 


ページの先頭へ