ページの本文へ メインメニューへ フッターへ

  1. トップ>
  2. 診療科・部門のご案内 / 検査から探す>
  3. 経食道心臓超音波検査

ページの本文です。

診療科・部門のご案内

検査から探す

経食道心臓超音波検査

心臓超音波検査よりも、詳細な心臓の検査が可能です。

食道(心臓のすぐ背中側)から心臓を調べます。そのため、通常の心臓超音波検査よりも詳細に検査することが可能です。以下のような疾患を調べることができます。

  • 心臓内の血栓の有無
  • 弁の動きや形態
  • 大動脈の大きさや性状

など

検査について

喉の麻酔と静脈注射(注)を行った後、左横向きに寝ていただき、胃カメラ検査のように口から直径約1センチの管(この管の先に超音波発信器がついています)を入れます。患者さんの疾患や状態などで異なりますが、検査にかかる時間は約30分程度です。
(注)この注射によって、眠気を催すことがあります。

ご注意いただきたいこと

  • 検査の4時間から5時間前より、絶食になります。薬を飲まれる場合は少量の水で飲んでください。
  • 検査後も、喉の麻酔が取れるまで飲食はできません。(1時間程度)
  • 検査後、1時間程度は安静を保っていただきます。
  • 歯科治療などの際に、痛み止めの注射(局所麻酔)で異常(気分不良・血圧低下など)が現れたことのある方は事前にお申し出ください。

診療部門

心臓血管センター(心臓血管外科) 


ページの先頭へ