ページの本文へ メインメニューへ フッターへ

  1. トップ>
  2. 診療の最前線>
  3. 記事詳細

ページの本文です。

診療の最前線

心房中隔欠損症に対するカテーテル治療を開始

心房中隔欠損症とは、心臓の中の右房と左房の間にある心房中隔という仕切りの隔壁に「穴」(欠損孔)がある先天性の心臓病です。
当院は心房中隔欠損症に対するカテーテル治療(Amplatzer Septal Occluder:ASO治療)が可能な施設として認定されました。九州では4ヵ所目、熊本県及び南九州では唯一の認定施設となります。従来の外科的な手術治療に加えてカテーテル治療が可能となり、患者さんの治療の選択肢も拡がります。

適応

アンプラッツァー心房中隔欠損閉鎖システムは、胸部を切開することなく閉鎖栓を経皮的にカテーテルを用いて心房中隔欠損を閉鎖するための医療機器です。このシステムを用いた心房中隔欠損の閉鎖治療は、一般的に下記の患者さんが対象となります。

1. 超音波画像(心エコー)検査によって心房中隔欠損が確認された方
2. 右心室への過剰な血液流入の臨床的根拠(右心室の容量負荷)が認められる方

カテーテル治療の概要

治療について

1. 治療は心臓カテーテル室で行われます。X線装置、超音波心エコー装置(経食道心エコー装置)で心臓を観察し、心電図モニターで心拍を看視します。治療の全行程は、全身麻酔下で行われます。

2. 心血管造影用カテーテルを大腿静脈から挿入し、下大静脈を通って心臓まで進めます。右心房、右心室、肺動脈、左心房、左心室の各々の圧と血中の酸素飽和度を測定します。続いて、心臓血管造影を行って心房中隔欠損の大きさ測定、撮影します。

3. 適切なサイズの閉鎖栓をデリバリーケーブル(閉鎖栓取り付け機能を有する専用の細いワイヤー)に取り付け、デリバリーシース(閉鎖栓を運搬する細長いカテーテル)に挿入して心房中隔欠損まで運び、閉鎖栓で心房中隔欠損を挟み込んで閉鎖します。

4. 閉鎖栓の位置が適切であり、欠損孔の閉鎖が確実であると判断されたら、閉鎖栓をデリバリーケーブルから離脱します。デリバリーシステムと経食道心エコーの探触子(プローブ)※1を抜去して治療は終了です。治療は、数時間で終了します。※2

治療後

麻酔から醒め一定時間ベッドで安静にした後、起き上がって歩くことが可能となります(医師の指示により)。経食道心エコー装置を使用しますので、治療後にのどに痛みが残ることがありますが、数日で軽快します。経過が順調であれば、数日間入院した後、退院となります。治療後は(もしくは治療前より)血液のかたまり(血栓)ができることを予防する薬(アスピリンなど)を約6ヶ月間服用します。退院前には、胸部X線検査および超音波心エコー検査などを行います。この検査は治療後、定期的に外来で実施します。

出典:セント・ジュード・メディカル株式会社

診療の最前線 トップへ戻る


ページの先頭へ