ページの本文へ メインメニューへ フッターへ

  1. トップ>
  2. 診療の最前線>
  3. 年間アーカイブ:2015年

ページの本文です。

診療の最前線

年間アーカイブ:2015年

心臓植込み型デバイスにおける遠隔モニタリングシステム―植え込み後の生活の安心を支えます―

当院では徐脈性、頻脈性不整脈の患者さんにペースメーカや植え込み型除細動器、両心室ペーシング機能付き植え込み型除細動器等の植え込み型デバイスの手術を年間で
約250件行っています。そのなかで、近年遠隔モニタリングシステムを導入する患者さんが増加しています。遠隔モニタリングシステムとは、患者さん宅に、専用の中継機器を設置して頂くことで、自宅から植え込み型デバイスの情報を専用のサーバーへ送信し、医療機関から情報を閲覧できるシステムです。

記事の続きはこちら


ページの先頭へ