ページの本文へ メインメニューへ フッターへ

  1. トップ>
  2. 診療の最前線>
  3. 記事詳細

ページの本文です。

診療の最前線

ガンマナイフ ― 意識障害、言語麻痺...。脳の病巣をたった1日、9割の確率で取り除く。―

脳の奥深くの病巣を、大がかりな開頭手術をすることなく、
放射線(ガンマ線)を使って除去する機器「ガンマナイフ」。
当院のガンマナイフが、2016年1月最新の機器に変わりました。
従来、6時間を要した治療時間が30分~1時間に短縮。以前は治療途中で姿勢を変える必要がありましたが、新機器はベッド自体が動くため、眠ったまま治療を完了することも可能です。専用の治療室は防音壁になっており、音楽をかけてリラックスした状態で治療も行うことができます。

ガンマナイフ

― 意識障害、言語麻痺...。脳の病巣を たった1日、9割の確率で取り除く。 ―

 脳の中の病巣を取り除きたい時、以前は、外科手術で開頭して、取り除くしかありませんでした。しかし、脳の深部にあるものは手術自体が困難なものもあります。そのような外科手術の代わりに、放射線を使って、開頭せずに病巣を取り除く。それを可能にしたのがガンマナイフです。「ナイフ」なんて少し怖い名前ですが、実はその名の通り、放射線(ガンマ線)を使って、脳の中の病巣をナイフで切り取るように取り除く機器。ベッドに横になった患者さんの頭をしっかり固定したうえで、ビーム状の放射線を、約200方向から一点の病巣めがけて照射して治療します。 この「約200方向から」というのがポイント。放射線1本ずつは微弱で、約200本の放射線が重なるのは病巣の部分だけ。だから、病巣にはしっかり放射線の効果が表れても、脳のそれ以外の部分にはほとんど影響がありません。 もし、治療に必要な放射線を1方向だけから照射すれば、病巣の手前にある正常な組織にも同量の放射線が届き、悪影響が出てしまいます。放射能酔い、髪が抜けるなどの副作用も生じます。
また、通常の放射線治療は3~6週間程度の通院が必要なのに対し、ガンマナイフは1回で完了します。しかも3cm以内の腫瘍なら、約9割の確率で治療が成功し、翌日からすぐに仕事や運動も可能となります。 また1日で10ヶ所以上の病巣にもアプローチが可能で、多発性の脳腫瘍も短期間で治療できます。県内では当院のみ(2016年1月現在)、九州では約10施設で使われています。

最新機器導入でよりカラダへの負担が少なく

当院では1999年からガンマナイフを採用してきましたが、2016年1月より最新鋭の機器を導入しました。従来2~6時間を要した治療時間が30分~1時間に短縮。治療途中で姿勢を変える必要がありましたが、新機器はベッド自体が動くため、中断して患者さんが姿勢を変える必要がなく、眠ったまま治療を完了することも可能です。専用の治療室は防音壁になっており、音楽をかけてリラックスすることもできます。  このように低侵襲なガンマナイフは、高齢の方や、脳の深部に病巣があって手術が困難な方でも、治療に取り組むことが可能です。対象となる疾病は、脳腫瘍、脳血管奇形など。2015年7月からは三叉神経痛も保険適用となりました。

一度失った意識や言語がもう一度、戻ってくる。

ガンマナイフは、脳の病巣を取り除く機器。脳に病巣がある患者さんは、意識障害や言語麻痺があることもあります。そのため、ガンマナイフ治療が成功すると、「意識障害が回復した」「もう一度しゃべれるようになった」「もう一度歩けるようになった」などの大きな変化があります。ご本人はもちろんご家族から、感謝の言葉をいただくことが多くあります。  一方で、ガンマナイフ治療を受ける方の半数以上は転移性脳腫瘍で、脳以外にも重篤な疾患がある状態。この治療が成功しても、他の患部の治療が続くため、すぐに退院・社会復帰とはなりにくいのが現状です。しかし脳の病巣が根治することで、他の患部の治療にも可能性が開けてくる場合があります。脳の疾病に悩む方にとっては奇跡的といっても過言ではない、これからの治療法のひとつです。

ガンマナイフ治療についての詳細はこちら

ガンマナイフについての問い合わせ先

診療の最前線 トップへ戻る


ページの先頭へ