ページの本文へ メインメニューへ フッターへ

  1. トップ>
  2. 診療の最前線>
  3. 記事詳細

ページの本文です。

診療の最前線

僧帽弁逆流症 MICS(小切開心臓手術) ― 骨を切らずに、骨のすき間から。―

これまでの心臓手術に比べて切る範囲が狭いため傷が小さく、術後の見た目も良い、 MICS(小切開心臓手術)手術。 通常、心臓外科手術では胸骨や肋骨を切開して手術しますが、切開した骨がくっつくまでに2~3ヶ月かかります。これを、骨を切開せずに、肋骨と肋骨の間から特殊な器具を使って心臓にアプローチするようにした手術が、MICS(Minimally Invasive Cardiac Surgery)です。

僧帽弁逆流症 MICS(小切開心臓手術) ― 骨を切らずに、骨のすき間から。―

 通常、心臓外科手術では胸骨や肋骨を切開して手術しますが、切開した骨がくっつくまでに2~3ヶ月かかります。これを、骨を切開せずに、肋骨と肋骨の間から特殊な器具を使って心臓にアプローチするようにした手術が、MICS(Minimally Invasive Cardiac Surgery)です。  これまでの心臓手術に比べて切る範囲が狭いため傷が小さく、術後の見た目も良い手術方法といえます。

 とくに女性は、傷口が乳房にほぼ隠れるため、美容面のメリットが大きいと言えます。ほかにも出血や痛みが少ない、細菌感染のリスクが激減、など多くの利点があります。何より、骨を切らないため術後の早期リハビリが可能で、退院や社会復帰を数ヶ月単位で短くできます。

一方で、切開手術と比べて狭い範囲で、また当院では内視鏡を使用して手術を行うため、とくに執刀医の技量が重要になります。時間も従来より長くかかりますが、傷口や術後の痛みも小さいなど、患者さんに大きなメリットがあります。開胸器という器具で創部、肋間を大きく切開し、直視下の内視鏡補助で手術する施設が多い中、当院は完全内視鏡下でMICS手術を行える全国的にも数少ない医療機関の一つです。

 当院ではMICSを、心臓の中で血液の逆流が起きる「僧帽弁逆流症」を治療する「僧帽弁形成術」の手術で2011年から採用。さらに2013年からは一部の適応症例において、MICSを完全内視鏡下で実施するなど、さらなる進化もすすめています。一方で、肺疾患や心機能の悪い方、冠動脈バイパス術など他の合併手術が必要な方には従来の切開で対応しており、患者さんの状態を総合的に見て、安全で適切な治療法を選択しています。  MICSはきわめてメリットが多い治療法であり、今後は、早い復帰が必要な若い方や術後の見た目を気にされる女性を中心に、大動脈弁疾患等の治療にも広げたいと考えています。

従来の心臓手術とMICSの比較

従来の心臓手術

  • 傷の長さ:20cm
  • 社会復帰までの期間(目安):2~3カ月
  • 術後に痛みがある従来の心臓手術

MICS(小切開心臓手術)

  • 傷の長さ:4~5cm
  • 社会復帰までの期間(目安): 2週間から1カ月
  • 痛みが少ない、早期の社会復帰が可能MICS(小切開心臓手術)

適用

  • 肺機能や心機能に問題がない
  • 冠動脈バイパス術など他の合併手術を必要としない
  • 高度の動脈硬化でない
  • 高度の肥満でない

※但し、最終的には患者さんのご意向等を考慮し、開腹手術かMICS手術を行うか決定します。

心臓血管外科の詳細はこちら
心臓血管外科の昨年の実績はこちら

担当:心臓血管外科 副部長 押富 隆

診療の最前線 トップへ戻る


ページの先頭へ