ページの本文へ メインメニューへ フッターへ

  1. トップ>
  2. 診療の最前線>
  3. 記事詳細

ページの本文です。

診療の最前線

リードレスペースメーカーの植込みを開始しました。

当院では2017年10月より、循環器内科にてリードレスペースメーカー( medtronic社製 micrapacing system )の植込みを開始しました。リードレスペースメーカーは従来型ペースメーカーとは全く異なり、小型化されたペースメーカー本体を心臓内へ直接留置します。

リードレスペースメーカーの植込みを開始しました。

DSC_0083.JPG

当院では2017年10月より、循環器内科にてリードレスペースメーカー( medtronic社製 micrapacing system )の植込みを開始しました。
このリードレスペースメーカーは従来型ペースメーカーとは全く異なり、小型化されたペースメーカー本体を心臓内へ直接留置します。

リード留置が必要ないことから手術時間も短く、手術創も残らないなど様々な長所を有する新しいペースメーカーシステムです。 今後は適応を見極めながら、従来型ペースメーカーと使い分けていく時代が始まったといえます。

メドトロニック社リードレスペースメーカ.PNG


出典:メドトロニック社 ホームページ http://www.medtronic.com/content/dam/Medtronic/japan/newsroom/documents/2017-09-04.pdf

従来型ペースメーカー

リードレスペースメーカー

電池寿命

10-12年

10-12年

植込時合併症

約3%

4%

手術時間

約2時間

約1時間

胸部切開創

必要

不要

リード関連合併症

2%/10年

0%

ペースメーカー感染

まれに生じる

ほぼ生じない

植込後のMRIの撮影は、1.5テスラおよび3テスラMRI全身撮像には条件付で対応しています。

診療の最前線 トップへ戻る


ページの先頭へ