ページの本文へ メインメニューへ フッターへ

  1. トップ>
  2. 診療の最前線>
  3. 記事詳細

ページの本文です。

診療の最前線

熊本県初(九州2施設目) 心臓弁膜症に対する ダヴィンチを用いたロボット心臓手術を実施しています

当院では2013年3月、内視鏡手術支援ロボット「ダヴィンチ」を南九州で初めて導入。2018年に保険診療枠が拡大されたことを受け、2019年には新たに、心臓弁膜症に対するロボット手術がスタートしています。

熊本県初(九州2施設目)
ダヴィンチを用いたロボット心臓手術実施施設に認定されました。

ダヴィンチ02体に小さな穴を開け、そこからアームを挿入する内視鏡手術は、従来の開胸手術と比べて傷口が小さく、早期回復につながります。その内視鏡手術に、3Dの高い視覚情報と、ロボット制御による正確・精密な動きが加わったのが手術支援ロボット「ダヴィンチ」です。

特に心臓は他臓器に比べて出血しやすく、さらに常に拍動しているという特徴があります。そのためロボット手術を行うためには厳しい施設基準を満たし、学会の認定を受ける必要があり、全国的にも心臓のロボット手術を行うことができる施設数は少く、2020年6月現在九州では2施設のみです。

当院では2019年6月にロボット支援下での僧帽弁形成術を開始。2020年2月には専門外来も開設し、診療の充実化をはかっています。

積み重ねてきた"低侵襲"治療の実績

心臓血管外科では、患者さんにより負担の少ない"低侵襲"治療に最も力を入れています。患者さんができるだけ早く家庭や仕事に復帰していただけるよう、循環器内科、及び他のスタッフによる「ハートチーム」を結成し、多職種で患者さんそれぞれにあった治療を提供しています。

当科が提供する主な低侵襲治療

mics.png特に、このたびロボット支援下で治療を開始した「僧帽弁形成術」については、当院では2010年から"右側胸部小切開心臓手術(MICS)"による治療を行っていました。この手術は、従来喉元からみぞおちまで大きく切開して行っていた手術を、完全鏡視下により行うものです。右脇肋骨の隙間を3~5cmだけ切開させて行う手術であるため、より小さな傷口で治療を行うことができます。胸骨や肋骨の切開も必要ないため、出血や痛みが少なく、患者さんの身体への負担が少ないことが特徴です。また、感染リスクが小さいことから、社会復帰までの期間が短いこと、美容面への影響が少ないことも期待されます。

グラフ 完全胸腔鏡下 MICS手術症例数の推移

ロボット支援手術に関する詳細は、下記の特設サイトをご覧下さい。

ロボット低侵襲センター特設サイトへ

診療の最前線 トップへ戻る


ページの先頭へ