ページの本文へ メインメニューへ フッターへ

  1. トップ>
  2. よくあるご質問>
  3. 入院

ページの本文です。

よくあるご質問

入院

質問
各公費負担医療について
回答

当院では、診療費の請求を正しく行うため、受診日毎に、保険証や各種証書を確認しています。保険証については保険者(健康保険運営機関窓口)、各公費負担医療については関係機関(おもに県・市町村)に直接お尋ねください。公費負担医療については、制度によって遡って適用できない場合がありますので、お早めに担当窓口に確認してください。

公費負担医療制度

医療保険制度とは別に、国や地方自治体が税を財源として費用の負担を行う各種の公費負担医療制度です。

制度の根拠概要
国の法律、通知により実施される制度 結核予防法や障害者自立支援法等による公費負担医療制度です。
都道府県・市町村が独自に実施する事業 主に福祉医療費助成制度と呼ばれ、市町村等の条例により医療費の自己負担分に対して助成する制度です。

国の法律や通知などで定められている公費負担医療の主な制度一覧

法律等公費負担事業等問い合わせ先
(おもに熊本市を掲載)
感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律(結核関係) 結核患者の適正医療 熊本市 感染症対策課
(ひごまるコール)
熊本市感染症情報センター
結核患者の入院
生活保護法 医療扶助 熊本市 保護第一課
戦傷病者特別援護法 療養の給付 熊本県 社会福祉課
(ひごまるコール)
更生医療
障害者自立支援法 更生医療 熊本市 障がい保健福祉課
(ひごまるコール)
育成医療 熊本市 子育て支援課
(ひごまるコール)
障害者自立支援法 精神通院医療 熊本市 障がい保健福祉課
(ひごまるコール)
肝炎治療特別促進事業 医療の給付 熊本県 健康危機管理課
昭和48年4月17日衛発第242号厚生省公衆衛生局長通知「特定疾患治療研究事業について」 特定疾患治療研究事業による治療研究費 難病情報センター
石綿による健康被害の救済に関する法律 医療費の支給 ひごまるコール
熊本市 地域医療課
独立行政法人環境再生保全機構
平成4年4月30日環保業第227号環境事務次官通知「水俣病総合対策費の国庫補助について」 療養費及び研究治療費の支給 熊本県 水俣病保健課

よくあるご質問 トップへ戻る


ページの先頭へ