ページの本文へ メインメニューへ フッターへ

  1. トップ>
  2. よりよい医療をめざして / 研究実績>
  3. 2012年の情報一覧

ページの本文です。

よりよい医療をめざして

研究実績

2012年の情報一覧

  論文/講演名 執筆/講演者 掲載誌/学会名 巻号・頁・年月
執筆 剥離性間質性肺炎(DIP) 間質性肺疾患 診療マニュアル 久保恵嗣、藤田次郎 編 菅 守隆 南江堂 p204-206, 2011
執筆 Usual interstitial pneumonia and nonspecific interstitial pneumonia: Correlation between CT findings at the site of biopsy with pathological diagnoses. Sumikawa H, Johkoh T, Fujimoto K, Ichikado K, Colby TV, Fukuoka J, Taniguchi H, Kondoh Y, Kataoka K, Yanagawa M, Koyama M, Honda O, Tomiyama N. Eur J Radiol Dec 12,2011
執筆 咳嗽への救急対応 高木 誠 メディカルレビュー社 THE LUNG perspectives Vol.20,No.1,p18-21
執筆 急性呼吸促迫症候群、急性間質性肺炎、特発性器質化肺炎 一門和哉 胸部のCT メディカルサイエンス 第3版
執筆 原著:慢性腎臓病(CKD)地域連携パスの取り組み          ~熊本県上天草地区~ 白井純宏 日本クリニカルパス学会誌 第13巻2号,107,2011
執筆 血尿・タンパク尿:腎・尿路疾患の診断プロセス 早野恵子 増刊、レジデントノート、羊土社 Vol.13, No.2,2011
執筆 熊本消化器カンファランス:会の歩み 多田修治 CLINICIAN 604:1399-1400,2011
執筆 X線検査が深達度診断に有用であった表層拡大型sm胃癌の1例 多田修治 CLINICIAN 604:1401-1405,2011
執筆 最大径5cm大で亜有茎性の形態を呈した早期胃低分化腺癌の1例 多田修治 胃と腸 46:1580-1583,2011
執筆 [EDITORIAL] Echocardiographic characteristics of aortic intramural hematoma for the differentiation from atheromatous plaques and mural thrombi in the aorta. Kazuhiro Nishigami J Echocardiogr 9(4), 167-168,2011
執筆 今、なぜCTC(CT コロノグラフィー)が注目されるのか? 満崎克彦 Clear Vision p5-6,. 第8号
執筆 腸管三次元CT診断の実際―CTCによる大腸がんスクリーニングの現状と今後の課題 満崎克彦 胃と腸 Vol47(1), 55-65
執筆 Calcium Channel Antagonists Prevent Cardiovascular Events in Japanese Patients With Myocardial Infarction Even in the Absence of Coronary Artery Spasm. Tomohiro Sakamoto Circ J 75(7):1577-8. Epub 2011 May 26,2011
執筆 他科からみた脳卒中-その診断治療のpitfall- 西上 和宏 脳と循環 12(2):21-25,2011
執筆 大動脈解離 西上 和宏 ハートナーシング 24(5):58-62,2011

ページの先頭へ