ページの本文へ メインメニューへ フッターへ

  1. トップ>
  2. よりよい医療をめざして / 研究実績>
  3. 2012年の情報一覧

ページの本文です。

よりよい医療をめざして

研究実績

2012年の情報一覧

  論文/講演名 執筆/講演者 掲載誌/学会名 巻号・頁・年月
執筆 特殊な大動脈解離 大森 一史 西上 和宏 心CT10 大動脈瘤・大動脈解離とMDCT(加地修一郎 編).文光堂 74-80, 2011
執筆 Pneumocyte Biomarkers KL-6 and Surfactant Protein D Reflect the Distinct Findings of High-Resolution Computed Tomography in Nonspecific Interstitial Pneumonia. 菅 守隆 (共著) Respiration 83(3):190-7, 2011
執筆 大動脈解離 田口 英詞 西上 和宏 今日の心臓手術の適応と至適時期(吉川純一 監修).文光堂 272-277, 2011
執筆 頭痛を主訴とする患者のための救急外来記録用紙 湯原由美 EMERGENCY CARE vol25 p91-94.2011
執筆 The clinical significance of 5% change in vital capacity in patients with idiopathic pulmonary fibrosis: extended analysis of the pirfenidone trial. 菅 守隆 (共著) Respir Res 12:93, 2011
執筆 頚動脈狭窄症を診断し、治療方針を決定する 田口 英詞 西上 和宏 新心臓病診療プラクティス (吉川純一 他編)文光堂 180-186, 2011
執筆 Exploratory analysis of a phase III trial of pirfenidone identifies a subpopulation of patients with idiopathic pulmonary fibrosis as benefiting from treatment. 菅 守隆 (共著) Respir Res 12:143, 2011
執筆 チームで挑んだクリニカルパスを活用したCASの導入 田代望 ブレインナーシング vol27.No12.2011
執筆 他職種との連携 村本多江子 ブレインナーシング vol27.No7.2011
執筆 日本のガイドラインにおける抗血小板薬の位置づけとは 坂本 知浩 「成功に導くPCI治療戦略−optimal medical treatmentの実践−」(中村正人編)南江堂 p88-91, 2011
執筆 血行再建術の周術期のケア 林田明美 ブレインナーシング vol27.No11.2011
執筆 抗血小板薬に対する耐性と心血管事故 坂本 知浩 「新・心臓病診療プラクティス16.動脈硬化の内科診療に迫る−薬物療法とインターベンション−」(伊藤浩編).文光堂 p309−311,2011
執筆 脳梗塞急性期のケア 荒木祐子 ブレインナーシング vol27.No11.2011
執筆 泌尿器科病棟における転倒予防の実際 木庭薫 泌尿器ケア vol16.No7.2011
執筆 組織で育てる新人看護職員研修の実際と評価 中川れい子 看護展望 vol36.No5.,2011

ページの先頭へ