ページの本文へ メインメニューへ フッターへ

  1. トップ>
  2. よりよい医療をめざして / 研究実績>
  3. 2012年の情報一覧

ページの本文です。

よりよい医療をめざして

研究実績

2012年の情報一覧

  論文/講演名 執筆/講演者 掲載誌/学会名 巻号・頁・年月
講演 外来化学療法室の現状 副作用マネジメントを中心に 境 健爾 嬉野医療圏域地域がん診療連携推進セミナー 2011.9.30,佐賀
講演 QIPアウトプット活用事例 田﨑年晃 京都大学QIPワークショップ、臨床指標の活用による診療改善へのアプローチ 2011.9, 東京
講演 アフェレシス領域におけるバスキュラーアクセスの新しい試み 井上浩伸 第32回日本アフェレシス学会学術集会 2011.9.30-10,東京
講演 当院における造影剤副作用分析 沖川隆志 第39回日本磁気共鳴医学会 2011.9.29-10.1,小倉
講演 RMCを併用したTime-SLIP法におけるにおける腎動脈の描出能検討 田尻智美 第39回日本磁気共鳴医学会 2011.9.29-10.1,小倉
講演 非造影MRAの現状と今後の展望 沖川隆志 第39回日本磁気共鳴医学会 2011.9.29-10.1,小倉
講演 SE T1WI JETの頚部血管への試み 太田雄 第39回日本磁気共鳴医学会 2011.9.29-10.1,小倉
講演 「循環器疾患の薬薬連携 わたしのカルテの活用」 柴田 啓智 天草支部薬剤師会 地域連携講演会 2011.9.27,熊本
講演 血管エコー 西上和宏 第59回日本心臓病学会学術集会 心エコーハンズオンセミナー 2011.9.25
講演 血管エコー 西上 和宏 第59回日本心臓病学会  <ハンズオンセミナー> 2011.9.23-25, 神戸
講演 虚血性心疾患診療における320列面検出器CT導入の効果 中尾 浩一 第59回日本心臓病学会 <ランチョンセミナー> 2011.9.23-25, 神戸
講演 Economical Evaluation of Remote Monitoring System in patients with Cardiac Implantable Electronic Devices in Japan Masastugu Nozoe 7th Asia Pacific Heart Rhythm Society (APHRS 2011)FUKUOKA Sep 20-22,2011
講演 Asymptomatic Paroxysmal Atrial Fibrillation Revealed only by Pacemaker Memory Does not Increase the Risk of Brain Embolism Masastugu Nozoe 6th Asia Pacific Heart Rhythm Society (APHRS 2011)FUKUOKA Sep 20-22,2011
講演 Characteristics of Perioperative Brain Infarction in Cardiac Electrical Device Implantation Masastugu Nozoe 5th Asia Pacific Heart Rhythm Society (APHRS 2011)FUKUOKA Sep 20-22,2011
講演 A Patients with type 2 Amiodarone-induced Thyrotoxicosis (AIT2) and VT storm Masastugu Nozoe 4th Asia Pacific Heart Rhythm Society (APHRS 2011)FUKUOKA Sep 20-22,2011

ページの先頭へ