ページの本文へ メインメニューへ フッターへ

  1. トップ>
  2. よりよい医療をめざして / 研究実績>
  3. 2012年の情報一覧

ページの本文です。

よりよい医療をめざして

研究実績

2012年の情報一覧

  論文/講演名 執筆/講演者 掲載誌/学会名 巻号・頁・年月
講演 介護保険施設に勤務する看護職の高齢者の 尊厳を守日常ケアに関する自己評価 ~施設・資格の関連~ 内藤結花 第24回日本看護福祉学会学術大会 2011.7.31
講演 脳梗塞急性期リハビリテーション開始までの遅延要因 浦川隆司 第36回日本脳卒中学会 2011.7.30-8.1 京都
講演 個人情報とセキュリティを考慮した可搬媒体の取扱い 田上真之介 医用画像可搬媒体セミナー 2011.7.30,大阪
講演 ランチョンセミナー10. 急性期脳梗塞におけるヘパリン起因性血小板減少症~発症頻度と転帰~ 河野浩之 第36回日本脳卒中学会総会 2011.7.30-8.1 京都
講演 tPA静注療法後の遅延性改善 稲富雄一郎 第36回日本脳卒中学会総会 2011.7.30-8.1 京都
講演 深部白質病変を加えたASPECTS変法(ASPECTS+W)は頭蓋内出血を予測する 河野浩之 第36回日本脳卒中学会総会 2011.7.30-8.1 京都
講演 線条体梗塞後の同側黒質ADCの検討 中島 誠 第36回日本脳卒中学会総会 2011.7.30-8.1 京都
講演 脳梗塞6ヵ月後の経口摂取予後予測 中島 誠 第36回日本脳卒中学会総会 2011.7.30-8.1 京都
講演 虚血性脳血管障害におけるT2強調画像が脳卒中診療に与える影響の検討 濵﨑清利、西徹、水野隆正、加治正知、藤原敏孝、入佐剛、澤田重信、後藤智明、 築城裕正、倉津 純一、藤岡正導 第40回日本脳卒中の外科学会 2011.7.30-8.1 京都
講演 tPAモードが脳出血治療に与える影響 藤原 敏孝, 西 徹, 水野 隆正, 加治 正知, 濵﨑 清利, 入佐 剛, 澤田 重信, 築城裕正, 倉津 純一, 藤岡 正導 第40回日本脳卒中の外科学会 2011.7.30-8.1 京都
講演 未破裂脳動脈瘤治療後の長期予後について −2001-2002年にクリッピング手術を行った155例の長期フォローアップ結果− 西 徹、水野隆正、加治正知、吉永豊、濱崎清利、藤原敏孝、入佐剛、澤田重信、山本東明、後藤智明、築城裕正、藤岡正導、倉津純一3 第40回日本脳卒中の外科学会 2011.7.30-8.1 京都
講演 当院の破裂脳動脈瘤に対するコイル塞栓術の治療成績 加治正知、西徹、池野幸一、水野隆正、濵﨑清利、藤原敏孝、入佐剛、澤田重信1、倉津純一、藤岡正導 第40回日本脳卒中の外科学会 2011.7.30-8.1 京都
講演 膵神経内分泌腫瘍切除例の検討 富安真二郎、岡部和利、佐野 収、山中 剛、金光敬一郎、神尾多喜浩、馬場秀夫 第66回日本消化器外科学会 2011.7 名古屋
講演 当院におけるヘルニア嵌頓87症例の検討 術式と合併症 澤山 浩、金光敬一郎、箕田誠司、松本孝嗣、井上耕太郎、杉山眞一、山本謙一郎、田中秀幸、志垣博信、馬場秀夫 第66回日本消化器外科学会 2011.7 名古屋
講演 当院におけるPpPDとSSpPD術後胃内容排泄遅延に関する検討 井上耕太郎、志垣博信、山村健介、澤山 浩、田中秀幸、山本謙一郎、杉山眞一、松本孝嗣、箕田誠司、金光敬一郎 第66回日本消化器外科学会 2011.7 名古屋

ページの先頭へ