ページの本文へ メインメニューへ フッターへ

  1. トップ>
  2. よりよい医療をめざして / 研究実績>
  3. 2012年の情報一覧

ページの本文です。

よりよい医療をめざして

研究実績

2012年の情報一覧

  論文/講演名 執筆/講演者 掲載誌/学会名 巻号・頁・年月
講演 当院で外科的治療に至った炎症性腹部大動脈瘤の4例 久木野 拓己 第14回日本超音波検査学会九州地方会 2012.2.19
講演 CIEDs関連業務における臨床工学技士の役割 堺美郎 北海道臨床工学技士会 卒後教育セミナー 2012.2.19 北海道
講演 心不全による治療のために非侵襲的陽圧換気療法(NPPV)を使用した症例 寺島裕雅 第16回熊本県理学療法学会 2012.2.19,熊本
講演 当院における液状化検体細胞診(LBC)の有用性について 吉村 美香 第28回日本臨床細胞学会熊本県支部学会 2012.2.19
講演 腫瘍内科医 がんを語る 境 健爾 市民大学講座 植木田底公民館 2012.2.18,熊本
講演 CT colonographyにおける大腸がん」スクリーニング―スクリーニングの実際と検診精度― 満崎克彦 第36回埼玉大腸疾患研究会 2012.2.18
講演 JOESTENT GRAFTMASTERによる止血成功後、良好な経過を辿ったLAD CTOに対するPCI術中冠動脈破裂の一例 阪本 覚 第22回熊本心血管研究会(KCVC) 2012.2.18,熊本
講演 胃がんの最新治療 進行・再発胃がんに対する化学療法の現状 境 健爾 第三回熊本がん化学療法セミナー 2012.2.18,熊本
講演 Titan 3Tの初期臨床使用経験 -3T MRIは躯幹部でも日常的に使えるようになったのか?- 浦田譲治 第31回日本画像医学会 2012.2.17-18,東京
講演 看護管理と退院支援 救急医療の現状と医療連携、退院支援の課題 道端由美子 熊本県訪問看護推進人材育成事業 2012.2.17
執筆 Modified ASPECTS for DWI including deep white matter lesions predicts subsequent intracranial hemorrhage. Kawano H J Neurol. 2012 Feb 17. [Epub ahead of print]
講演 急性期と回復期における摂食嚥下の チームアプローチ −急性期の立場から− 中島 誠 脳血管疾患の障害を考える会 2012.2.16 熊本
講演 常温下胸部大動脈瘤手術の検討 平山統一 第26回心臓血管外科ウインターセミナー 2012.2.16-18,山形
講演 膵がん化学療法の現状と当院の治療体制の紹介 境 健爾 大分病院薬剤師会 大分オンコロジー研究会 2012.2.16,大分
講演 複数の治療方法がある頸動脈狭窄症、顔面けいれん、三叉神経痛について -その外来診療のポイントと外科治療を中心に- 加治正知 宇土郡市医師会学術講座 2012.2.15 宇城市

ページの先頭へ