ページの本文へ メインメニューへ フッターへ

  1. トップ>
  2. よりよい医療をめざして / 研究実績>
  3. 2013年の情報一覧

ページの本文です。

よりよい医療をめざして

研究実績

2013年の情報一覧

  論文/講演名 執筆/講演者 掲載誌/学会名 巻号・頁・年月
講演 超急性期脳梗塞患者に対するrt-PA静注療法と画像診断による治療効果に関する研究 河野浩之 第102回熊本神経カンファレンス 2012.4.19,熊本
講演 典型的画像所見を呈した後脊髄動脈症候群の1例 亀野功揮 第201回日本神経学会九州地方会 2013.3.16, 福岡
講演 血管型Ehlers-Danlos症候群に合併した脳梗塞の1例 松尾圭将 第200回日本神経学会九州地方会 2012.12.22, 熊本
講演 エルトロンボパグ オラミン内服中に脳静脈血栓症を来した1例 三浦正智 第199回日本神経学会九州地方会 2012.9.8, 北九州
講演 ステロイド治療中に対側に続発したcarotidyniaの1例 稲富雄一郎 第198回日本神経学会九州地方会 2012.6.30, 長崎
講演 急性期に浅側頭動脈-中大脳動脈バイパス術を行った若年性脳梗塞の1例 稲村和紀 第297回日本内科学会九州地方会 2012.5.12, 福岡
講演 前方循環系と後方循環系脳梗塞のrt-PA施行所要時間の比較 三浦正智 第38回日本脳卒中学会総会 2013.3.21-23,東京
講演 症候性内頸動脈狭窄症の症候増悪に関する検討 進藤誠悟 第38回日本脳卒中学会総会 2013.3.21-23,東京
講演 超急性期脳梗塞におけるCT-DWI reversed discrepancyの関連因子 河野浩之 第38回日本脳卒中学会総会 2013.3.21-23,東京
講演 Stroke biomarkerはめまい発症脳梗塞を予測するか 塚本 遥 第38回日本脳卒中学会総会 2013.3.21-23,東京
講演 NIHSSスコア素点による超急性期脳出血の鑑別は可能か? 中島 誠 第38回日本脳卒中学会総会 2013.3.21-23,東京
講演 入院時に退院転院を予測する急性期脳梗塞クリニカルパス利用状況 河野浩之 第13回日本クリニカルパス学会学術集会 2012.12.7-8, 岡山
講演 虚血性脳卒中急性期における直腸出血の検討 鈴木由希子 第30回日本神経治療学会総会 2012.11.28-30, 北九州
講演 急性期大脳深部白質病変がないことはtPA静注療法後の転帰良好を予測する 河野浩之 第30回日本神経治療学会総会 2012.11.28-30, 北九州
講演 非失語性呼称錯誤と考えられた左視床梗塞の1例 稲富雄一郎 第36回日本高次脳機能障害学会学術集会 2012.11.22-23,宇都宮

ページの先頭へ