ページの本文へ メインメニューへ フッターへ

  1. トップ>
  2. よりよい医療をめざして / 研究実績>
  3. 2013年の情報一覧

ページの本文です。

よりよい医療をめざして

研究実績

2013年の情報一覧

  論文/講演名 執筆/講演者 掲載誌/学会名 巻号・頁・年月
執筆 過敏性肺炎 菅 守隆 診断と治療 慢性疾患患者への最新薬物療法の鉄則 p41-46. 2012.
執筆 呼吸細気管支炎を伴う間質性肺疾患(RB-ILD). 菅 守隆 間質性肺疾患 診療マニュアル
執筆 Lung miliary micro-nodules in human T-cell leukemia virus type I carriers. 菅 守隆 (共著) Pathol Int. 2013;63:108-12
執筆 Smoking history and underlying lung disease are associated with poor outcome in patients developing interstitial pneumonia during low-dose amiodarone therapy. 菅 守隆 (共著) J Arrhythmia 2013;29:5-8
講演 救急病院における事前指定書の取り組み 川上 ゆり 南区みとりねっと 市民公開講座 2013.2.23 熊本市南区富合町
講演 蘇生後脳症患者の予後調査から見えてきた課題 川上 ゆり 第62回 日本病院学会 2012.6.22 福岡
講演 済生会における診療機材共同購入の実績と今後の展望について-九州ブロック、全国- 深堀賢 第65回済生会学会 2012.10.13京都
講演 頸動脈狭窄症における原価計算について CEA vs CAS 長松 佳蓉 日本頸部脳血管治療学会 2012.6.1-2 名古屋
講演 DPCデータを活用した急性膵炎クリニカルパス作成推進の試み 橋本幸奈 第13回クリニカルパス学会学術集会 2012.12.7-8 岡山
講演 当院における急性期脳梗塞患者の離床遅延例の特徴 後藤啓士郎 第38回日本脳卒中学会 2013.3.20-23,東京
講演 脳主幹動脈に閉塞または狭窄を認めた 急性期脳梗塞患者の早期離床の現状 満山照人 第38回日本脳卒中学会 2013.3.20-23,東京
講演 当院における急性期脳梗塞患者の早期離床の現状 浦川隆司 第38回日本脳卒中学会 2013.3.20-23,東京
講演 当院における挿管人工呼吸患者に対する モビライゼーションプロトコルの安全性の検討 岡田大輔 第40回日本集中治療医学会 2013.2.27-3.2,長野
講演 脳梁膨大部梗塞により右視野の変形視を来した1例 太田夏希 第36回日本高次脳機能障害総会 2012.11.22-24,栃木
講演 当院における疾患別リハチームの取り組みと呼吸器リハの現状 森下一樹 第22回 呼吸ケアリハビリテーション学会 2012.11.23-24,福井

ページの先頭へ