ページの本文へ メインメニューへ フッターへ

  1. トップ>
  2. よりよい医療をめざして / 研究実績>
  3. 2013年の情報一覧

ページの本文です。

よりよい医療をめざして

研究実績

2013年の情報一覧

  論文/講演名 執筆/講演者 掲載誌/学会名 巻号・頁・年月
講演 触覚失認および 特殊性色彩失語と考えられる 症状を来した脳梗塞の1例 徳嶺早都子 第36回日本神経心理学会 2012.9.14-15,東京
講演 急性大動脈解離の緊急手術例における肺酸素化障害の要因 岡田大輔 第6回九州心臓リハビリテーション研究会 2012.9.1-2,大分
講演 蘇生後脳症患者への急性期からの復職支援 須崎有信 第46回日本OT学会 2012.6.15-17,宮崎
講演 重症破傷風患者への急性期作業療法の経験 後藤啓士郎 第46回日本OT学会 2012.6.15-17,宮崎
講演 急性期病院でのAMPSの有効性 ~脳梗塞同一病変の2症例を比較し考えられたこと~ 和田真 第46回日本OT学会 2012.6.15-17,宮崎
講演 当院における急性期リハビリテーションの現状と課題 山田浩二 第62回日本病院学会 2012.6.21,福岡
講演 嚥下造影(VF)は誤嚥性肺炎の再発予防に有用か 齋藤真希子 第52回日本呼吸器学会学術集会 2012.4.20-22,兵庫
講演 疾患特性から見た運動耐用能の指標 -間質性肺炎と慢性閉塞性肺疾患との比較 森下一樹 第52回日本呼吸器学会学術集会 2012.4.20-22,兵庫
講演 心臓血管外科開心術後に縦隔炎を発症した20例の検討 甲谷太一 日本心臓血管麻酔学会第17回学術大会 2012.9.15-16
講演 上行大動脈に対する左室心尖部アプローチによるステントグラフト内挿術の麻酔経験 村上幸太郎 日本心臓血管麻酔学会第17回学術大会 2012.9.15-16
執筆 上行大動脈仮性瘤に対する左室心尖部アプローチによるステントグラフト内挿術の麻酔経験 村上幸太郎 麻酔 62巻2号・190-192・2013
講演 Temporal trends in rates of oral intake 3 months after onset in acute stroke patients. Nakajima M, Inatomi Y, Yonehara T, Hashimoto Y, Hirano T, Ando Y Dysphagia Rehabilitation Society 21th Annual Meeting. Seattle, WA, USA Mar 14-16, 2013
講演 Factors Associated with Reversed Discrepancy between CT and Diffusion-Weighted Imaging in Hyperacute Ischemic Stroke Patients. Kawano H, Hirano T, Nakajima M, Inatomi Y, Yonehara T International Stroke Conference 2013. Honolulu, HI, USA Feb 6-8, 2013
講演 Absence of Deep White Matter Lesions on Diffusion-Weighted Imaging is a Predictor of Good Outcome after Intravenous Tissue Plasminogen Activator Thrombolysis. Kawano H, Hirano T, Inatomi Y, Terasaki T, Yonehara T Asia pacific Stroke Conference 2012,Tokyo, Japan Sept 9-12, 2012
講演 Vertebral artery stump syndrome in acute ischemic stroke. Kawano H, Hirano T, Nakajima M, Inatomi Y, Yonehara T XXI European Stroke Conference, Lisbon, Portugal May 22-25,2012

ページの先頭へ