ページの本文へ メインメニューへ フッターへ

  1. トップ>
  2. よりよい医療をめざして / 研究実績>
  3. 2015年の情報一覧

ページの本文です。

よりよい医療をめざして

研究実績

2015年の情報一覧

  論文/講演名 執筆/講演者 掲載誌/学会名 巻号・頁・年月
講演 ドーパミントランスポーターSPECTにおける収集及び再構成条件の基礎的検討 井上 淑博 日本核医学技術学会総会学術大会 2014.11.6 大阪
講演 フルデジタルガンマカメラシステムを用いたI-123によるイメージングの特性 永田 智信 日本核医学技術学会総会学術大会 2014.11.6 大阪
講演 320列CTのVolume scanを用いた頭部単純CTの基礎的検討 大村 祐貴 第9回九州放射線医療技術学術大会 2014.11.1 福岡
講演 心臓CTにおける造影効果不良症例の原因と対策の検討 松井 さくら 第9回九州放射線医療技術学術大会 2014.11.1 福岡
講演 MRI装置管理の現状将来展望 沖川 隆志 第9回九州放射線医療技術学術大会 2014.11.1 福岡
講演 造影CT検査時に上肢挙上が鎖骨下静脈血流に与える影響 有村 大喜 第9回九州放射線医療技術学術大会 2014.11.1 福岡
講演 日本磁気共鳴専門技術者として認定の現状や課題と将来展望 沖川 隆志 第53回全国自治体病院学会 2014.10.30 宮崎
講演 当院における前立腺治療の前処置の現状 農添 遼 熊本放射線治療物理・技術研究会 2014.10.18 熊本
講演 モーニングセミナー-MRI検査の質を高める読影補助- 沖川 隆志 第30回日本診療放射線技師学術大会 2014.9.19 大分
講演 診療放射線技師による当直時CTに対する一次読影の取り組み 高本 聖也 第30回日本診療放射線技師学術大会 2014.9.19 大分
講演 心臓核医学の基礎と臨床応用-定量評価の必要性- 井上 淑博 第30回日本診療放射線技師学術大会 2014.9.19 大分
講演 位相差強調画像スタディグループでの当院の取り組み 沖川 隆志 第42回日本磁気共鳴学会大会 2014.9.18 京都
講演 前立腺癌存在診断におけるArterial spin labeling(ASL)有用性の検討 笹尾明,林田英里,荒川昭彦,福井秀幸,渡邊紳一郎,町田二郎,平井俊範,山下康行,沖川隆志,太田雄,枦山博幸,川村傑,増田大介,川上恵,和田博文,北村美穂,木村徳典,宮崎美津恵 第42回日本磁気共鳴学会大会 2014.9.18 京都
講演 テーマ 「 我々診療放射線技師がやるべき読影補助 につい て」「医療施設 における読影補助の実際 (九州地域 )」 井野雅基 九州地域放射線技師研修会 2014.9.6 熊本
講演 線源交換から9年を経て-当院でのガンマナイフ治療の変化- 上口 秋彦 明日のガンマナイフを担う会 2014.9.5 千葉

ページの先頭へ