ページの本文へ メインメニューへ フッターへ

  1. トップ>
  2. よりよい医療をめざして / 研究実績>
  3. 2015年の情報一覧

ページの本文です。

よりよい医療をめざして

研究実績

2015年の情報一覧

  論文/講演名 執筆/講演者 掲載誌/学会名 巻号・頁・年月
講演 肺生検と脳生検により診断に至った血管内リンパ腫の1例 辛島 聡志、 永沼 雅基、 山川 誠、 本多 由美、 森 由紀子、 池野 幸一、 稲富 雄一郎、 米原 敏郎、 安東 由喜雄 第307 回日本内科学会九州地方会 2014.11.23 大分
講演 経胸壁心エコーで経過を追えた大動脈弓部可動性血栓の1例 辛島 聡志、 永沼 雅基、 山川 誠、 本多 由美、 森 由紀子、 池野 幸一、 稲富 雄一郎、 米原 敏郎、 安東 由喜雄  第207回日本神経学会九州地方会 2014.9.20 大分
講演 アセタゾラミド負荷SPECT後に発症した脳梗塞の2症例 本多 由美、 三浦 正智、 森 由紀子、 永沼 雅基、 池野 幸一、 稲富 雄一郎、 米原 敏郎、 安東 由喜雄 第207回日本神経学会九州地方会 2014.9.20 大分
講演 当院におけるrt-PA療法の現状と課題 稲富 雄一郎 第24回脳卒中夏のセミナー 2014.8.23-24 阿蘇
講演 時間外に入院した脳梗塞症例は予後不良か? 中島 誠、 稲富 雄一郞、 米原 敏郎、 渡邉 聖樹、 安東 由喜雄 第14回熊本ストローク研究会 2014.8.2 熊本
講演 身体パラフレニアが疑われた右島を含む脳梗塞の1例 稲富 雄一郎 第9回熊本神経心理研究会症候学研究会 2014.7.25 熊本
講演 前大脳動脈解離による両側性脳梗塞の1例 稲富 雄一郎、 森 由紀子、 本多 由美、 永沼 雅基、 池野 幸一、 米原 敏郎、 安東 由喜雄 第206回日本神経学会九州地方会 2014.6.14 宮崎
執筆 第2部 [1] 7. 病型別にみた脳卒中家族歴と危険因子の関係 稲富 雄一郎 脳卒中データバンク2015 中山書店, 東京, pp34-35, 2015
執筆 第2部 [1] 7. 発症から来院までの時間の地域間比較 稲富 雄一郎 脳卒中データバンク2015 中山書店, 東京, pp30-31, 2015
執筆 ネフローゼ症候群の合併が,閉塞血管再開通の阻害因子となった可能性が考えられた脳塞栓症の一例 中西 俊人、 渡邉 聖樹、 中島 誠、 野尻 奈央、 小田 晶、 安東 由喜雄 臨床神経  55:8-12:2015
執筆 ローマ字読み書き障害によりキーボード入力障害を生じた脳梗塞の1例 鈴木 由希子、稲富 雄一郎、米原 敏郎、平野 照之 臨床神経  55:18-22:2015
執筆 緊張性瞳孔で偶然発見されたRoss症候群の1例 岡田 匡充、稲富 雄一郎、加藤 勇樹、軸丸 美香、大林 光念、米原 敏郎、安東 由喜雄 臨床神経  55:160-164:2015
執筆 Temporal trends in oral intake ability three months after acute ischemic stroke: analysis of a single-center database from 2003-2011. Nakajima M, Inatomi Y, Yonehara T, Hashimoto Y, Hirano T, Ando Y J Rehab Med  24:200-205:2014
執筆 Discrimination of acute ischemic stroke from non-ischemic vertigo in patients presenting with only imbalance. Honda S, Inatomi Y, Yonehara T, Hashimoto Y, Hirano T, Ando Y, Uchino M J Stroke Cerebrovasc Dis 23;888-895:2014
執筆 Frequent ischemic events related to varying middle cerebral artery stenosis. Nakajima M, Inatomi Y, Yonehara T, Terasaki T, Ando Y Intern Med 53:797-800:2014

ページの先頭へ