ページの本文へ メインメニューへ フッターへ

  1. トップ>
  2. よりよい医療をめざして / 研究実績>
  3. 2015年の情報一覧

ページの本文です。

よりよい医療をめざして

研究実績

2015年の情報一覧

  論文/講演名 執筆/講演者 掲載誌/学会名 巻号・頁・年月
講演 メソトレキセートによる薬剤性肺傷害が疑われた関節リウマチ患者の検討 保田 祐子ほか 第54回日本呼吸器学会学術講演会 2014.04.25 大阪
講演 胸腔鏡下肺生検により診断した喫煙関連間質性肺疾患4例の臨床像の検討 仁田脇 辰哉ほか 第54回日本呼吸器学会学術講演会 2014.04.25 大阪
講演 スニチニブ治療による合併症で胸部外科手術を要した2例 岩谷 和法 第114回日本外科学会総会 2014.4.4 京都市
講演 What has high-resolution CT taught us in patients with diffuse alveolar damage.ARDS ?: clinical significance and limitation. Kazuya Ichikado Imaging in Hawaii March 23-26, 2015, Grand Hyatt Kauai.
執筆 呼吸機能障害を来す病態の画像 ARDS 一門 和哉 呼吸と循環 62(12):1173-1178:2014
執筆 間質性肺炎の治療 一門 和哉 臨床放射線 59(7):941-947:2014
執筆 運動時低酸素血症を来す疾患の画像 一門 和哉 呼吸と循環 25(2):164-169:2014
執筆 心病変以外のサルコイドーシス診断後に重症不整脈を発症した心臓サルコイドーシス4症例の検討 田中 葵ほか 日サ会誌 34:75-78:2014
執筆 High-resolution CT findings of acute respiratory distress syndrome, acute interstitial pneumonia, and acute exacerbation of idiopathic pulmonary fibrosis. Kazuya Ichikado Seminars in ULTRSOUND CT and MRI 35(1):39-46:2014
執筆 Efficacy of Azithromycin for Treatment of Acute Exacerbation of Chronic Fibrosing Interstitial Pneumonia: A Prospective, Open-Label Study with Historical Controls Kodai Kawamura, et al. Respiration 87:478-484:2014
執筆 Alkaline phosphatase flare phenomenon following epidermal growth factor receptor-tyrosine kinase inhibitor treatment of non-small cell lung cancer: Report of a case and case review Yuko Yasuda, et al. Respir Med Case Rep. 13: 51–53:2014
講演 大腿骨後顆の骨欠損を伴った膝関節開放骨折術後感染に対してヒンジ型人工膝関節置換術を行った1例 西里 徳重 第45回 人工関節学会 2015.2.27 福岡
講演 内固定術を施行した 骨脆弱性骨盤輪骨折の2例 大野 貴史 第85回熊本整形外科医会 2014.12.20 熊本
講演 月状骨周囲脱臼の一例 安藤 卓 第85回熊本整形外科医会 2014.12.20 熊本
講演 大腿骨頚部骨折に対するTargon FNの使用経験および設置位置の検討 田原 隼 第128回 西日本整形・災害外科学会 2014.11.22 沖縄

ページの先頭へ