ページの本文へ メインメニューへ フッターへ

  1. トップ>
  2. よりよい医療をめざして / 研究実績>
  3. 2015年の情報一覧

ページの本文です。

よりよい医療をめざして

研究実績

2015年の情報一覧

  論文/講演名 執筆/講演者 掲載誌/学会名 巻号・頁・年月
執筆 The microRNA-21.PTEN pathway regulates the sensitivity of HER2-positive gastric cancer cells to trastuzumab. Eto K Ann Surg Oncol 21(1):343-350:2014
執筆 The sensitivity of gastric cancer to trastuzumab is regulated by the miR-223.FBXW7 pathway.   Eto K Int J Cancer 136(7): 1537-1545:2014
執筆 Successful treatment of mesenteric varices by retrograde transvenous obliteration by the delivery of N-Butyl-2-cyanoacrylate via an abdominal wall vein. Takamori H (co author) Cardiovascular intercent Radiol 37:533-536:2014
執筆 Influence of preoperative anti-cancer therapy on resectability and perioperative outcomes in patients with pancreatic cancer: Project study by the Japanese Society of Hepato-Biliary –Pancreatic Surgery. Takamori H (co author) J Hepatobiliary Pancreat Sci 21:148-158:2014
執筆 The modified Glasgow prognostic score (mGPS) is a good predictor of indication for palliative bypass surgery with unresectable pancreatic and biliary cancers. Takamori H (co author) Int J Clin Oncol 19 (4) 629-633:2014
執筆 Impact of postoperative weight loss on survival after resection for pancreatic cancer. Takamori H (co author) JPEN J Parenter Enteral Nutr 2014 [Epub ahead of print]
執筆 EZH2 is associated with malignant behavior in pancreatic IPMN via p27Kip1 down-regulation. Takamori H (co author) PLoS One 9 (8): e100904:2014
講演 医療Big Dataの活用 副島秀久 熊本県支払基金 2015.3.24 熊本
講演 急性期病院におけるアライアンスの取り組み 副島秀久 済生会保健・医療・福祉総合研究フォーラム 2015.2.27 東京
講演 済生会熊本病院の取り組み ー連携、健康経営、Big Dataー 副島秀久 ヘルスケアビジネス創出研究会 2015.2.26 福岡
講演 クリニカルパスによる質および経営マネジメント 副島秀久 東京都城南地区「クリニカルパス講習会」 2015.2.23 東京
講演 バリアンス収集と分析の電子化-BOMと日めくり式パスの意義- 副島秀久 岩手県医療局 2015.1.17 岩手
講演 根拠に基づいた病院経営と質管理 副島秀久 富山県公的病院長協議会 2014.11.29 富山
講演 これからの医療提供体制のあり方~地域包括ケアシステムを機能させるために~ 副島秀久 日本慢性期医療学会 2014.11.21 熊本
講演 クリニカルパスで医療の革新を! 副島秀久 第15回日本クリニカルパス学会 学術集会 2014.11.14 福井

ページの先頭へ