ページの本文へ メインメニューへ フッターへ

  1. トップ>
  2. よりよい医療をめざして / 研究実績>
  3. 集中治療室の情報一覧

ページの本文です。

よりよい医療をめざして

研究実績

集中治療室の情報一覧

  論文/講演名 執筆/講演者 掲載誌/学会名 巻号・頁・年月
講演 現在のOpen stent法の成績と今後の展望 片山 幸広、 出田 一郎、 松崎 雄一、 村田 英隆、 大森 一史、 佐々 利明、 高志 賢太郎、 押富 隆、 上杉 英之、 萩原 正一郎、 平山 統一 第42回日本血管外科学会学術集会 2014.5.21 青森
講演 当科におけるB型解離に対するTEVARの検討 出田 一郎、 平山 統一、 萩原 正一郎、 上杉 英之、 押富 隆、 高志 賢太郎、 片山 幸広、 佐々 利明、 大森 一史、 村田 英隆、 松崎 雄一 第42回日本血管外科学会学術集会 2014.5.21 青森
講演 当院における経カテーテル大動脈弁植え込み術(TAVI)の初期治療成 神波 裕、鈴山 寛人、宮本 信三、西上 和宏、坂本 知浩、中尾 浩一 河田町循環器フォーラム~第6回心臓病研究会~ 2014.5.10 東京
講演 Sttage D 心不全患者への多面的取り組み ~済生会熊本病院心不全チーム 兒玉 和久、中尾 浩一 、本田 俊宏、平山 統一 第22回熊本心臓リハビリテーション研究会 2014.5.10 熊本
講演 「下肢深部静脈血栓症の標準的超音波診断法」を検証する 西上 和宏 第87回日本超音波医学会 2014.5.9 横浜
講演 梯子ではなくジャングルジム 西上 和宏 第25回日本心エコー図学会 2014.4.17 金沢
講演 カテーテル治療に活かす 下肢血管形成術施行時における超音波検査の役割 田口 英詞 、西上 和宏 、富田 文子 第25回日本心エコー図学会 2014.4.17 金沢
講演 冠動脈バイパス術後8年を経て発生したchronic expanding hematoma の一例 海老原 卓、新井 光太郎、植松 庄子、福島 敬子、星 敬美、芦原 京美、高木 厚、萩原 誠久 、齋藤 聡 、山崎 健二 第25回日本心エコー図学会 2014.4.17 金沢
講演 The Impact of Wound Healing for Isolated Below the Knee Lesion Patients with Critical Limb Ischemia Kajiwara M, Shintani I, Iida O, Soga Y TCT2014(Transcatheter Cardiovascular Therapeutics 2014, Washington DC,US) 2014.9.13 Washington DC,US
講演 Predictors of Stent Thrombosis After Percutaneous Coronary Intervention in Acute Coronary Syndrome: KICS registry Nagano M, Hokimoto S, Nakao K ,Ogawa H WCC2014(Australia for the World Congress of Cardiology 2014, Melboume, Australia) 2014.5.7 Melboume,Australia
講演 Department of Cardiovascular Surgery, Kurashiki Central Hospital, Okayama, Japan:Intraoperative Steroid for Acute Type A Aortic Dissection Tomonori Koga, Tatsuhiko Komiya, Hirofumi Tsuneyoshi, Takeshi Shimamoto AATS Aortic symposium 2014 2014.4.24 NY, USA
講演 PCI with Zotarolimus eluting stent for bifurcation lesion. Miyamoto S TCTAP2014(Transcatheter Cardiovascular Therapeutics Asia Pacific, Seoul Korea) 2014.4.23 Seoul,Korea
講演 Successful Management of Wandering Stent from the Common Iliac Artery Kajiwara M, Shintani Y, Kawasaki T TCTAP2014(Transcatheter Cardiovascular Therapeutics Asia Pacific, Seoul Korea) 2014.4.23 Seoul,Korea
執筆 クリティカルケアにおける看護実践ICUディジーズ「大血管術後」 坂本 美賀子 クリティカルケアにおける看護実践ICUディジーズ改定第2版 大血管術後 学研メディカル秀潤社2015
執筆 急変時対応時のそのほかの押さえたい基本技術 「導尿」 姫浦 里美 月刊ナーシング 34(5):76-77:2014

ページの先頭へ