ページの本文へ メインメニューへ フッターへ

  1. トップ>
  2. よりよい医療をめざして / 研究実績>
  3. 心臓血管外科の情報一覧

ページの本文です。

よりよい医療をめざして

研究実績

心臓血管外科の情報一覧

  論文/講演名 執筆/講演者 掲載誌/学会名 巻号・頁・年月
講演 末梢動脈瘤手術症例の検討 萩原 正一郎, 平山 統一, 上杉 英之, 出田 一郎, 押富 隆, 高志 賢太郎, 片山 幸広, 佐々 利明, 大森 一史, 村田 英隆, 松崎 雄一 第42回日本血管外科学会学術集会 2014.5.21 青森
講演 当科におけるB型解離に対するTEVARの検討 出田 一郎, 平山 統一, 萩原 正一郎, 上杉 英之, 押富 隆, 高志 賢太郎, 片山 幸広, 佐々 利明, 大森 一史, 村田 英隆, 松崎 雄一 第42回日本血管外科学会学術集会 2014.5.21 青森
講演 Department of Cardiovascular Surgery, Kurashiki Central Hospital, Okayama, Japan: Tomonori Koga, Tatsuhiko Komiya, Hirofumi Tsuneyoshi, Takeshi Shimamoto AATS Aortic symposium 2014.4.24New York, NY, USA
執筆 三尖弁置換術にて救命し得た急性右心不全の1例 古賀 智典,小宮 達彦*,恒吉 裕史*,島本 健*(*倉敷中央病院心臓血管外科) 日本心臓血管外科学会誌 44(2) :74-78: 2015
執筆 成人心臓血管外科領域における貯血式自己血輸血の現状と未来 上杉 英之,平山 統一,萩原 正一郎,出田 一郎,押富 隆,髙志 賢太郎,片山 幸広,佐々 利明,大森 一史,村田 英隆,松崎 雄一,徳田 照恵,上村 里美,藤本 貴子 自己血輸血 27; 25-29:2014
執筆 Use of the Konno Procedure in an 80-year-old Woman with Aortic Stenosis, a Narrow Left Ventricular Outflow Tract, and a Small Aortic Annulus. Misumi H, Katayama Y, Takaji K, Oshitomi T, Uesugi H, Hirayama T, Takeuchi T. Ann Thorac Cardiovasc Surg. 20(Suppl);846-849: 2014
講演 成人心臓血管外科領域における貯血式自己血輸血の現状と未来 上杉英之、平山統一、徳田照恵、上村里美、藤本貴子 第27回日本自己血輸血学会学術集会 2014.3.6 秋田
講演 臓器虚血を合併したStanfordA型急性大動脈解離に対する治療戦略 上杉英之、髙志賢太郎、佐々利明、大森一史、村田英隆、西上和宏、中尾浩一、平山統一 第41回 日本集中治療医学会学術集会 2014.2.27 京都
講演 心筋梗塞後心室中隔破裂に対する手術治療成績 上杉英之、平山統一、萩原正一郎、出田一郎、押富隆、高志賢太郎、片山幸広、佐々利明、大森一史、村田英隆、松崎雄一、三隅寛恭 第44回日本心臓血管外科学会学術総会 2014.2.19 熊本
講演 EVAR後遠隔期に後腹膜線維症を発症した1例 片山幸広、出田一郎、平山統一、上杉英之、萩原正一郎、押富隆、高志賢太郎、佐々利明、大森一史、村田英隆、松崎雄一 第103回 日本血管外科学会九州地方会 2014.2.15 福岡
講演 中枢型慢性血栓塞栓症の急性増悪に対して血栓除去術が有効であった1症例 松崎雄一、押富隆、萩原正一郎、上杉英之、出田一郎、高志賢太郎、片山幸広、佐々利明、大森一史、村田隆英、三隅寛恭*平山統一 第26回 熊大循環器カンファランス 2013.12.11 熊本
講演 術後に持続性心室頻拍が多発した特殊なBentall型手術の1例 高志賢太郎、上杉英之、萩原正一郎、出田一郎、押富隆、片山幸広、佐々利明、大森一史、村田英隆、松崎雄一、平山統一 第115回 日本循環器学会九州地方会 2013.12.7 佐賀
講演 心臓手術後の人工呼吸器脱パス改訂のためのバリアンス分析 高志 賢太郎 第14回クリニカルパス学会 2013.11.1 盛岡
講演 Marfan症候郡・Bentall術後患者に発症したStanfordA型解離についての検討 松崎雄一 (東京女子医科大学心臓血管外科) 第54回 日本脈管学会総会 2013.10.10 東京
講演 慢性心不全、虚血性僧帽弁閉鎖不全症に対する経僧帽弁左室後壁縫縮、冠動脈バイパス、僧帽弁輪形成術施行例の中期遠隔成績 押富 隆 第18回日本冠動脈外科学会 2013.7.11 福岡

ページの先頭へ