ページの本文へ メインメニューへ フッターへ

  1. トップ>
  2. よりよい医療をめざして / 精神科回診( 精神科リエゾンチーム )

ページの本文です。

よりよい医療をめざして

精神科回診( 精神科リエゾンチーム )

せん妄とは、身体的要因や薬剤が誘発した意識障害であり、入院患者の2~3割に認められると言われています。入院して急にボケた、認知症になったと言われるものは、大抵せん妄です。せん妄は身体の症状の一つであり、認知症や精神病になったのではありません。適切な治療を行えば、多くの患者さんで症状が改善します。

当院でのせん妄対応

当院では、2017年12月12日よりDelirium Team Approach(DELTA)プログラムを導入しています。これは、国立がん研究センター東病院で開発されたプログラムで、各職種がチームとなって入院中の患者に生じるせん妄の予防、初期対応が出来るようにしたものです。せん妄によって生じる転倒・転落や点滴ルートの自己抜去など医療事故の減少、速やかな対応による患者さんやその家族の動揺軽減、医療スタッフの対処スキル向上と疲弊軽減、入院期間の短縮、などを目的としています。

写真 delta

活動内容

入院中に生じるせん妄、抑うつ、認知機能低下などの精神状態を把握し、可能な限り早期に精神科専門医療を提供することにより、せん妄の予防、早期発見、早期対応を実施しています。

チーム構成スタッフ

  • 精神科医師、神経内科医師
  • 認知症看護認定看護師
  • 医療ソーシャルワーカー
  • 薬剤師
  • 作業療法士
写真 delta

ページの先頭へ